レーザーカッターで巨大な宇宙船を解体する一人称視点のサンドボックスサルベージゲーム「Hardspace: Shipbreaker」がアナウンス、開発はHomeworldのBlackbird Interactive

2020年2月19日 23:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hardspace: Shipbreaker」

今年1月下旬に“Focus Home Interactive”と“Blackbird Interactive”の提携とオリジナルIPの開発着手が報じられ話題となりましたが、先ほどFocus Home Interactiveが新作「Hardspace: Shipbreaker」を発表。Homeworldシリーズで知られるBlackbird Interactiveが、高出力のレーザーカッターを利用して様々な宇宙船を解体する一人称視点の独創的なサンドボックスゲームを開発していることが明らかになりました。

“Hardspace: Shipbreaker”は、銀河最大の宇宙船サルベージ企業LYNX Corpに10億クレジットの負債を負った未来のブルーカラーな作業員となり、大小様々な宇宙船の解体契約を受注し、借金の完済を目指すサンドボックスゲームで、高度な物理シミュレーションによる宇宙船の解体システムや作業ツールのアップグレード、ストーリーキャンペーン、Modサポートといった要素を特色としており、今月末に開催されるPAX East会場で本格的なお披露目が行われるほか、2020年夏にSteam Early Access版の発売を予定しています。

“Hardspace: Shipbreaker”のアナウンストレーラー

なお、“Hardspace: Shipbreaker”の開発を手掛けるBlackbird Interactiveは、かつてRelic Entertainmentで“Homeworld”シリーズを生んだベテランRob Cunningham氏のスタジオで、Gearbox Softwareの下で“Homeworld: Deserts of Kharak”(旧Hardware: Shipbreakers、初代Homeworldのプリクエル)や“Homeworld Remastered Collection”を手掛け、昨年8月には2の直接的な続編となるナンバリング最新作“Homeworld 3”をアナウンスし、figキャンペーンを見事成功させたことで知られていました。

「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
「Hardspace: Shipbreaker」
情報元及びイメージ:Eurogamer, Steam, Steam

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.