新生Shadow Warriorシリーズを生んだ「Flying Wild Hog」が開発を進めている2本の新作は年内にお披露目、エンジンの移行も

2020年2月22日 13:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Flying Wild Hog」

2011年9月に発売された鮮烈なデビュー作“Hard Reset”とLo Wangの新たな戦いを描いた新生“Shadow Warrior”を経て、2016年10月に傑作“Shadow Warrior 2”を生んだポーランドのデベロッパ「Flying Wild Hog」ですが、2018年11月に浮上した2本の未発表新作に関する続報が待たれるなか、昨年3月にスタジオのCEOとなったPaul Wedgwood氏(元Splash DamageのCEO)がWCCFTechのインタビューに応じ、年内に2本の新作発表を予定していることが明らかになりました。

Splash Damageの退社後に投資会社Supernova Capitalを設立し、昨年3月に買収した“Flying Wild Hog”のCEOに自ら就任したPaul Wedgwood氏によると、現在のスタジオは230人規模に達しており、ワルシャワの本社スタジオに加え、クラクフとジェシュフにもスタジオを設立し、粛々と新作の開発に注力していたとのこと。

さらに、この過程で従来の内製エンジン“Roadhog Engine”を用いる開発を取り止め、1年半ほど前からUnreal Engine 4に移行しており、Paul Wedgwood氏はより容易で柔軟なプロトタイプ開発が可能になったと強調しています。

なお、現在の“Flying Wild Hog”は3本の未発表プロジェクトを手掛けており、内2つがAAA規模のタイトルで、残る1本はやや小規模な作品になる予定とのこと。

情報元及びイメージ:DSOGaming, Wccftech

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.