Saber Interactiveが「World War Z」の続編を検討中か、EmbracerのCEOとTim Willits氏がフランチャイズの今後に言及

2020年2月21日 23:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「World War Z」

先日、THQ Nordicの親会社であるEmbracer Groupに買収され、8つの未発表プロジェクトを進めていることが判明した“Saber Interactive”ですが、新たにEmbracer Groupが四半期報告のプレゼンテーションにて、Saber Interactiveを代表するヒット作となった「World War Z」の今後に言及。現行のサポートを継続する一方で、何やら続編の開発を検討していることが明らかになりました。

これは、プレゼンテーションに出席したEmbracer GroupのCEO Matthew Karch氏と昨年Saber InteractiveのCCOに就任したお馴染みTim Willits氏(元idのスタジオディレクターを務めたベテラン)が明かしたもので、累計販売が300~400万本に達した“World War Z”の好調に触れたMatthew Karch氏は、“World War Z”がEmbracerにとって重要なフランチャイズであり、将来的に多くの可能性を持っていると説明。続編へと移行するためにも、現在のファンベースとコミュニティを失わないよう、十分なサービスとサポートを維持する必要があると強調しています。

また、Tim Willits氏は“World War Z”が途方もない成功を収めたと語り、開発を通じて体得したマルチプレイヤーCo-opの知識を持って“World War Z”ブランドを継続していきたいと伝えています。

今のところ、“World War Z”の続編に関する具体的な取り組みやディテールは不明ですが、Matthew Karch氏はSaberが複数の“World War Z”ゲームを開発できるよう、予め長期的なライセンスを取得していると説明しており、Embracer Groupの参加となったSaberの動向に改めて注目が集まるところです。

情報元:Gamereactor, VGC

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.