デヴィッド・オライリー氏が生んだ哲学的なインタラクティブシミュレーション「Everything」の日本語Switch/PS4/PC版発売が2月13日に決定、字幕入りのトレーラーも

2020年2月6日 12:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Everything」

映画“her/世界でひとつの彼女”に登場する架空のビデオゲームや短編アニメーション“The External World”、アドベンチャー・タイムのカオスな3D回“A Glitch Is a Glitch”、山ゲーム“Mountain”といった作品で知られるアイルランドの映像作家デヴィッド・オライリー氏が開発を手掛け、2017年にPS4とPC、Mac向けのローンチを果たした「Everything」ですが、本日PLAYISMが本作の日本語版をアナウンスし、Nintendo SwitchとPS4、Steam向けに2020年2月13日の発売を予定していることが明らかになりました。

また、発売日の決定に併せて、ゲームの概要とハイライトを紹介する字幕入りのリリーストレーラーが登場しています。

何にでもなれるシミュレーションゲーム 『Everything(エブリシング)』 日本語版、Nintendo Switch、PlayStation®4、Steam 版2月13日配信決定!

株式会社アクティブゲーミングメディア( https://activegamingmedia.com/ )が運営するインディーゲームパブリッシングブランド『PLAYISM』( https://playism.com/ja/ )は、『Everything(エブリシング)』 日本語版の Nintendo Switch、PlayStation®4、Steam 版を 2020 年2月13日に配信開始することを発表いたします。

世界を魅了した実験作、待望の日本語化

本作はアイルランド出身の映像クリエイター、デイビッド・オライリーが 2017 年 4 月 21 日に Steam で発売したタイトルです。ゲーム史上初のアカデミー賞ノミネート作品の候補にも挙がり、日本語化を切望されながら、長らく実現していなかった、この『Everything』を日本語でお届けできる日がようやくやってまいりました。

前作『Mountain』は「山シミュレータ」という、インタラクティブアートに近いものでした。

本作『Everything』では1次元の点から元素、微生物、動物、植物、岩、大地、そして宇宙に浮かぶ銀河までまさに「すべてのモノになれる」というゲーム性と、そのモノになった目線で世界を見るという唯一無二のゲーム体験から圧倒的評価を得ております。

その『Everything』の日本語ローカライズを PLAYISM が対応し、すべてのユーザの皆様にお届けできることを嬉しく思います。

Nintendo Switch では本日2月6日よりあらかじめ DL が開始しております。PlayStation®4 や Steam では、2 月 13 日の発売日まで少しお待ち下さい。

何にでもなれることで無限に広がる環世界を体験

『あなたがいま、誰であろうと、何であろうと、どこにいようと、世界の中心で観測するのはあなた、これはそんなゲームです』

Everything は、目に入る全てのモノ、動物、惑星、銀河から何から何までがプレイアブルキャラクターとなるインタラクティブな体験ツールのようなゲームです。この世界に存在する全てのモノは、それぞれ別の視点があります。Everything はその世界を自動生成且つ AI でシミュレートしているのです。あなたは外宇宙と内宇宙を行き来し、無限の広がりを持つ環世界を旅することになりますが、そこでは達成しなければならない目的やスコアなどはありません。

歌をうたい、踊り、色々なモノと語らい、別のモノに姿を変えられるようになったあとは、位相間を移動し、世界の中にある世界の中にある世界、そしてその先までを体験しましょう。それとも、一切操作もせず、あなたが存在するこの世界に関する、終わりのないドキュメンタリーを見続けることも出来ます。

哲学者アラン・ワッツのナレーションと Ben Lukas Boysen 作曲の楽曲に導かれ、Everything はあなたの生命観に新しい視点を与えてくれるでしょう。

スクリーンショット

「Everything」
「Everything」
「Everything」
「Everything」
「Everything」
「Everything」

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2020 Active Gaming Media Inc.

ゲーム概要

© David OReilly. Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc.

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.