Infinity Wardが「Call of Duty: Warzone」の新たなチームサイズや200人対戦に言及、ゲーム内報酬を用意したTwitch視聴イベントも

2020年3月12日 13:06 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Modern Warfare」

昨日、PS4とXbox One、PC向けのローンチを果たし、初日600万プレイヤー突破が報じられたF2Pバトルロイヤル「Call of Duty: Warzone」ですが、新たにInfinity Wardの共同スタジオヘッドPatrick Kelly氏がUSA Todayのインタビューに応じ、“Call of Duty: Warzone”の今後に関する興味深い取り組みを明らかにしました。

現行のバトルロイヤルに様々なひねりを加えたと語ったPatrick Kelly氏は、ローンチ時に最大150人プレイを実装したものの、既に200人のプレイヤーによる対戦が実現していると明言。後日この変更を導入すると説明しています。

続けて、現行最大3人のチームサイズについて言及したPatrick Kelly氏は、既に4人と5人チームのプレイテストを実施しており、何れも良好な結果を得ていることから、今後いずれかの時期に新たなチームサイズを導入したいと説明。Infinity Wardが内部で最大9人チームのプレイテストを行ったと伝えています。

また、Battle RoyaleとPlunderに続く新たなゲームモードの開発も進められており、今後継続的な新モードの導入を計画しているとのこと。

「Call of Duty: Warzone」のTwitch視聴イベントがスタート

新たに、Activisionが「Call of Duty: Warzone」のTwitch視聴イベントをアナウンスし、CoDアカウントとTwitchアカウントを紐付けた上で、ゲーム内ドロップを有効にしたアカウントの“Call of Duty: Warzone”プレイを視聴することで、3種のゲーム内アイテムが入手可能となっています。

1時間の視聴でエンブレム、2時間の視聴でダブルXPトークン、3時間でMP7の武器設計図“Cataclysmic”が報酬として得られますので、気になる方はTwitchの配信をチェックしておいてはいかがでしょうか。

情報元:USA Today

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.