忍者アクション“The Messenger”のプリクエルRPG「Sea of Stars」の新たなプレイアブルキャラクター“Garl”がアナウンス、隻眼の料理人戦士

2020年4月18日 16:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sea of Stars」

傑作忍者アクションプラットフォーマー“The Messenger”を生んだSabotage Studioの次回作としてアナウンスされ、先日コンポーザー光田康典氏のゲスト参加が報じられた期待の新作RPG「Sea of Stars」ですが、既に目標額の11倍を超える資金調達を果たしたKickstarterキャンペーンの終了が目前に迫るなか、新たにSabotage Studioが本作に登場する3人目のプレイアブルキャラクター“Garl”をアナウンスしました。

「Sea of Stars」

■ 3人目のキャラクター“Garl”のディテール

  • 太陽の力を持つ“Zale”と月の魔力を持つ“Valere”に続く3人目のキャラクター“Garl”は、特別な力を持たない普通の子供として生まれた戦士系の料理人。
  • ZaleとValere、Garlは同じ年に生まれた親友として共に過ごし、故郷の習わしとしてSolsticeの子供たち(つまりZaleとValere)を世話しながら、3人で冒険に旅立つ日を夢見ながら育った。
  • ZaleとValereを献身的に支える“Garl”にとっての冒険は、人生で味わえるもの全てを味わうための口実で、2人に健康的な食事を用意することそのものが自分自身に対する挑戦であり、戦闘以外の時間はキャンプで常に料理に使う珍しい食材に目を光らせている。
  • 幼い頃、自分達の実力を証明したいと考えた3人は、禁断の洞窟に足を踏み入れた。この日、“Garl”はモンスターに左目を奪われ、怪物との戦いが普通の人間に相応しい場ではないことを学んだ。この行いに対する罰として、ZaleとValereはすぐさまZenithアカデミーに入れられ、“Garl”は2人から引き離されてしまった。
  • しかし、“Garl”は打たれ強い生来の体質がどんな試練にも打ち勝てることを疑わず、常に仲間を守るために最善を尽くすため、いざという時には大釜の蓋を盾にして戦うファイターとして活躍する。
「Sea of Stars」
「Sea of Stars」

“The Messenger”と同じ世界が舞台となる“Sea of Stars”は、ガイア幻想紀やクロノ・トリガー、スーパーマリオRPG、ファイナルファンタジーVI、ブレス オブ ファイア、幻想水滸伝II、エストポリス伝記といったクラシックにインスパイアされたPCとコンソール向けのRPGで、“The Messenger”のプリクエルにあたる物語やタクティカルなターンベース戦闘、多彩な移動手段、鮮やかな次世代2Dピクセルアートを実現するフルダイナミックライティングといった要素を特色としています。

参考:先日公開された“Sea of Stars”のお披露目トレーラー
「Sea of Stars」
情報元及びイメージ:Kickstarter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.