「Take-Two Interactive」が次の5年間で93本のフルタイトルリリースを計画中、新規IPは46種

2020年5月21日 18:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Take-Two Interactive」

本日、「Take-Two」が実施した2020会計年度第4四半期の業績報告にて、同社のKarl Slatoff社長が(2KやRockstar Games、Private Division、Social Point等を傘下に置く)グループの今後について言及し、Take-Two史上最も強力なラインアップを用意していると説明。今後5年の間になんと93本ものフルタイトルリリースを計画していることが明らかになりました。

今のところ、新作に関する具体的なディテールは不明ですが、Karl Slatoff氏は93本の新作について以下のような内訳を報告しています。

  • 93本のうち、63本がコアゲームとなり、17本がミッドコアまたはアーケード、残る14本がカジュアルな作品となる。
  • 93本のうち、72本がコンソールとPC、Stadiaを含むストリーミングプラットフォーム向けに発売され、残りはモバイル専用タイトルとなる。
  • 93本のうち、有料タイトルは67本。残る26作品がF2Pタイトルとなる。
  • 93本のうち、47本が既存のフランチャイズに基づく新作。残る46作品は新規IPとなる。

Karl Slatoff氏によると、今回の数字はフルゲームを指すもので、アドオンやDLCはこれらに含まれないとのこと。また、氏はコアゲームが必ずしもAAAタイトルを指すわけではないと伝えており、ここで言うコアゲームの定義が「一度に5分から5時間程度プレイできるような魅力的な体験」であることを強調しています。

情報元及びイメージ:GamesIndustry, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.