Ziggurat Interactiveが「BloodRayne」フランチャイズのIPを獲得、新作の可能性も模索中

2020年6月17日 0:12 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「BloodRayne」

かつてTerminal Realityが開発を手掛け、2000年代前半に人気を博した三人称視点の吸血鬼アクションアドベンチャー「BloodRayne」シリーズですが、新たにKilling TimeやDeadly Dozen、NAMといったクラシックの現世代向け販売を手掛ける“Ziggurat Interactive”が“BloodRayne”シリーズを含むMajesco EntertainmentのIPを獲得したと発表。Terminal Realityの協力を得て、PC向けに“BloodRayne”シリーズの互換性改善や体験の向上を図るアップデートを行うことが明らかになりました。

“BloodRayne”フランチャイズの獲得を報告したZiggurat InteractiveのWade Rosen社長によると、同スタジオはクラシックの改善と販売だけでなく、“BloodRayne”ユニバースをさらに探究し拡張する方法を検討しているとのこと。

また、Ziggurat Interactiveは今回のIP獲得に併せて、“Advent Rising”と“Raze’s Hell”、“Flip’s Twisted World”を含むMajesco Entertainmentのライセンスも取得しており、今年4月に報じられたPrismの多彩な3DO関連フランチャイズ獲得を含め、既に200を超えるIPを保有する状況となっています。

一部のお好きな方には、お馴染みウーヴェ・ボルがミシェル・ロドリゲスやマイケル・マドセン、ベン・キングズレーに加え、ウド・キアやミートローフまで出演する超豪華キャストで映画化した経緯で知られる“BloodRayne”ですが、Zigguratの下でまさかの復活を果たすか、今後の動向に期待が掛かるところです。

参考:初代“BloodRayne”のトレーラー
参考:続編“BloodRayne 2”のトレーラー
参考:ボルの映画版“Bloodrayne”トレーラー
参考:同じくボルが手掛けた“BloodRayne: The Third Reich”のトレーラー
情報元及びイメージ:Game Informer, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.