新種の怪物やグリフィン流派に焦点を当てるウィッチャーTRPGのサプリメント「A Witcher’s Journal」が発売

2020年7月9日 17:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Witcher」

3年に及ぶ製作を経て、2018年8月にローンチを果たしたR.Talsorian GamesとCD Projekt Redの“ウィッチャー”TRPG「The Witcher TRPG」ですが、予てからR.Talsorian Gamesが製作を進めていたサプリメント「A Witcher’s Journal」が完成し、リテールとPDF版の販売が開始されました。

“A Witcher’s Journal”は、The Witcher TRPGの語り部であるドワーフのRodolf Kazmerとオクセンフルトの歴史学者Brandonが、多くのモンスターにまつわる伝承をまとめた古いウィッチャーの手記を発見し発行した、という設定のサプリメントで、33種の新たなモンスターのディテールに加え、上級吸血鬼と本物のドラゴンに関する情報、殺人事件等の制作が可能となる奥深い調査システム、最初期に生まれたウィッチャーの1人でグリフィン流派を創設した本手記の著者であるラーヴィックの“Erland”とウィッチャーの歴史に関するロアを収録しています。

“A Witcher’s Journal”の価格は、公式ストアのリテール版が30ドル、DriveThruRPGのPDF版が15ドルとなっていますので、気になる方はチェックしておいてはいかがでしょうか。

「The Witcher」
グリフィン流派の祖ラーヴィックの“Erland”を描いたカバーアート
情報元及びイメージ:R.Talsorian Games Inc., ComicBook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.