THQ Nordicの親会社“Embracer Group”が「4A Games」や「New World Interactive」を含む8つのスタジオを買収、Metroシリーズを生んだ4AはAAAの新規IP開発を始動

2020年8月13日 23:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「THQ Nordic」

Little Nightmaresを生んだ“Tarsier Studios”やWorld War Zの“Saber Interactive”など、ここ数年に渡って、驚くべき勢いで開発スタジオの買収を進めているEmbracer Groupですが、本日同社が実施した2020/2021会計年度第1四半期の業績報告にて、新たに8つのスタジオ買収がアナウンスされ、なんと“Metro”シリーズでお馴染み「4A Games」や“Insurgency”シリーズを生んだ「New World Interactive」を傘下に置いたことが明らかになりました。

なお、“4A Games”は今後Saber Interactiveレーベル傘下の独立スタジオとなり、Metroシリーズを手掛けた10年の経験を活用するAAA規模の新規IP開発に着手したことが判明しています。

今回、Embracer Groupが買収したのは、4A GamesとNew World Interactive、Deca Live Operations、Vermila Studios、Rare Earth Games、Palindrome Interactive、Pow Wow Entertainment、Sola Mediaの8スタジオで、それぞれの買収と今後の運営について以下のようなディテールが報じられています。

  • 4A Games(マルタ/ウクライナ):Saber Interactiveを通じて本日100%の株式を取得する契約を締結。買収は現金と新規発行したEmbracerのB株で行われ、買収規模は3,600万ドル(およそ38億5,000万円)。さらに合意に至ったマイルストーンを達成することでさらに3,500万ドルのアーンアウトが支払われる。今後4A GamesはSabre Interactive傘下の独立スタジオとして運営され、AAA規模の新規IP開発に着手。さらに、4A Gamesのエンジンと技術的なノウハウを、Saber Interactiveの経験と融合させた新規プロジェクトに協力している。
  • New World Interactive(コロラド州デンバー):買収規模は非公開で、買収は2020年第3四半期に終了する予定。今後New World InteractiveはSaber Interactive傘下の独立スタジオとして運営され、未発表の新規IPに取り組んでいるほか、2021年前半リリース予定のコンソール版“Insurgency: Sandstorm”についてもSaberとの提携が行われる。
  • Deca Live Operations(ドイツ):DECA Gamesは、F2Pゲーム分野におけるモバイルアセットケアとライブオペレーションの専門スタジオで、今後Embracer Groupが収益性の高いモバイル/F2P事業を構築するための重要な柱となる。買収規模は2,500万ユーロ(およそ31億6,800万円)で、合意した収益目標の達成を条件に6,000万ユーロのアーンアウトが支払われる。
  • Vermila Studios(スペイン):10人の開発者が在籍するインディスタジオ“Vermila Studios”は、現在デビュー作となる一人称視点のホラーアドベンチャー“Crisol: Theater of Idols”を開発中。買収規模は90万ユーロ(およそ1億1,400万円)。今後はAmplifier Game Investレーベルの傘下となる。
  • Rare Earth Games(オーストリア):Rare Earth Gamesは、経験豊富なビデオゲーム業界のベテラン達が在籍するウィーンのデベロッパで、コンソールとPC、クラウドサービス向けのアクションマルチプレイヤーゲーム開発に特化している。
  • Palindrome Interactive(スウェーデン):8月末にストラテジーゲーム“Immortal Realms: Vampire Wars”を発売。現在は、次回作となる未発表のストラテジータイトルを開発しており、Coffee Stainがパブリッシャーを担当する予定。今後はAmplifier Game Invest傘下となる。
  • Pow Wow Entertainment(オーストリア):買収規模は非公開。現在2つの未発表ゲームに取り組んでおり、1つはTHQ Nordicの既存IPを題材にした作品で、もう1本はローグライクなマルチプレイヤープラットフォーマーとなる。今後はTHQ Nordic傘下の独立系スタジオとして運営を継続する予定。
  • Sola Media(ドイツ):Sola Mediaは国際的な映画とテレビ放映権を扱う販売代理店で、子供や家族向けの映画を世界中に配給している。今後はKoch Film傘下のスタジオとなる。買収規模は230万ユーロ(およそ2億9,000万円)。
情報元及びイメージ:Gematsu, Embracer Group

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.