驚異のビジュアルで世界中を驚かせた中国産西遊記アクション「Black Myth: Wu Kong」は既にプレイアブル、スタジオのCEOが報告

2020年8月24日 17:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Black Myth: Wukong」

先日、孫悟空の戦いを描く13分のゲームプレイトレーラーがお披露目され、脅威的なビジュアルと外連味溢れる演出が世界的な話題となった中国産のアクションアドベンチャー「Black Myth: Wu Kong」ですが、発売時期や対応プラットフォーム、ゲームプレイのディテールに注目が集まるなか、杭州の西湖と深センの南山で活動するデベロッパ“Game Science Interactive Technology”が芒果冰OLのインタビューに応じ、先日お披露目されたトレーラーが(ゲームプレイに見えるプレゼンテーション用のプリレンダではなく)全て実際のゲームプレイを撮影したものであることが明らかになりました。

後半に見られた一部シーンの極端なフレームレートの低下からも、実際のゲームプレイであることが窺えた件のプレアルファ映像ですが、Game Science Interactive TechnologyのCEO尤卡氏によると、今回のプレイ映像はプロジェクトの現状を正直に伝え、人材の募集を図るために作成したもので、当初はビデオゲーム産業の著名人達やゲーマー達から称賛を浴びることは全く期待していなかったとのこと。

インタビューによると、“Black Myth: Wu Kong”は、Tencent Gamesが2016年にリリースした西遊記テーマのモバイル向けMMOアクションRPG“斗战神”の開発を率いた尤卡氏が、予てからの夢だった西遊記のコンセプトをさらに掘り下げ、AAA規模のプロジェクトとして取り組んでいる新作で、インタビュー映像の6分10秒以降に尤卡氏が自ら“Black Myth: Wu Kong”をプレイする様子が収録されています。

芒果冰OLが公開した“Black Myth: Wu Kong”のインタビュー映像
参考:先日公開された“Black Myth: Wu Kong”のゲームプレイ映像
トレーラーの編集やサウンド、一部ステージはCEOである尤卡氏が自ら手掛けている

なお、外部委託を除く本作の開発チームは現在30人規模で、本作をAAAアクションとして完成させるために、大幅なチームの拡張が必要とのことで、現在Game Scienceは公式サイトリクルートサイトを通じて多彩なポジションの募集を行っています。

情報元及びイメージ:VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.