狂気山脈にインスパイアされたZoetropeのクトゥルフホラー「Conarium」のNintendo Switch対応がアナウンス

2020年8月31日 11:40 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Conarium」

ラヴクラフト/クトゥルフ神話を扱う隠れた名作“Darkness Within 1: In Pursuit of Loath Nolder”と“Darkness Within 2: The Dark Lineage”に続くZoetrope Interactiveのクトゥルフホラーシリーズ第3弾として、2017年6月にPC向けのローンチを果たした「Conarium」ですが、新たにZoetrope Interactiveが本作のNintendo Switch対応を正式にアナウンス。併せて、Nintendo Switch版のゲームプレイを収録したアナウンストレーラーを公開しました。

Nintendo Switch版“Conarium”のアナウンストレーラー、今のところ発売時期は不明

“Conarium”は、ラヴクラフトの“狂気の山脈にて”にインスパイアされた一人称視点のホラーアドベンチャーで、廃墟となった南極の基地“Upuaut”で目覚めた主人公Frank Gilmanの視点を通じて、曖昧な記憶と現実、夢、幻が混じり合うゲーム世界と狂気山脈のその後を探索する興味深い作品となっています。

Conarium

『Conarium』はホラー界の寵児ラブクラフトにインスパイアされた作品。4人の科学者たちが自然の「絶対的な」限界に挑む物語です。 H.P. ラブクラフトの小説『狂気の山脈にて』の後日談を巡るオリジナルストーリーがプレイヤーの心をがっちりと捕らえて離しません。

主人公フランク・ギルマンは、脈動する奇妙なノイズが鳴り響く部屋で目を覚まします。 壁に映る死の舞踏を表す光は、テーブルの上に置かれた風変わりな機械から発せられています。 ギルマンが覚えているのは、南極点の近くのウプウアウトと呼ばれる基地にいることのみ。しかし、ここには誰もおらず、何か恐ろしいことが起きているという予感だけを感じています。 記憶は当てにならないということに気づいたギルマンは、どうしようもない無力感に苛まれながら、奇怪ではあるけれども、なぜかなじみのあるものの一部に含まれているという感じます。 ほどなくギルマンはテーブルの上の機械を使い、自分自身が探検の最中に一度死に、自分のものではない記憶とともに、僅かに変異して復活したことに気づくのです。 なにか大事なものを失い、その代わりに邪悪な何かを手に入れたことにも…

南極基地、そして夢や幻覚の世界を探索し、真実を突き止めましょう。 なんとしても襲いかかる死を避け、ヒントを調べて秘密を解き明かしてください。

主な特長:

  • 奥が深く、スリルに満ちたラブクラフト型のストーリー。様々なシークレットやイースターエッグも満載。
  • Unreal Engine 4が描き出す、不気味で美しいグラフィック。
  • マルチエンディング。
  • おどろおどろしい雰囲気たっぷりのサウンドトラック。

Unreal Engine 4を使った最新のビジュアルが没入感のあるストーリーとゲーム体験を実現します。

情報元及びイメージ:Epic Games, Worthplaying, Nintendo Everything

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.