衛星軌道上の宇宙空間で戦う無重力FPS“Boundary”の技術研究プロジェクト「Boundary: Raytracing Benchmark」がアナウンス、リリースは9月24日

2020年9月14日 23:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Boundary」

中国の深センで活動するSurgical Scalpelsが2014年に開発を始動し、美しいビジュアルと独創的なゲームプレイで話題となった6DoF系のSci-Fi無重力FPS「Boundary」ですが、2020年内の発売に期待が掛かるなか、新たにSurgical Scalpelsが本作の開発から派生したリアルタイムレイトレーシング技術の研究プロジェクト「Boundary: Raytracing Benchmark」をアナウンスし、見事なビジュアルが確認できる2分半のデモ映像を公開しました。

Surgical Scalpelsの報告によると、9月24日にレイトレーシングベンチマークのリリースを予定しているとのこと。

情報元及びイメージ:Facebook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.