ナチスの収容所“レーベンスボルン”で生まれた子供の成長と苦難を描く「My Child Lebensborn」のSteam Early Access版が発売

2020年9月26日 10:21 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「My Child Lebensborn」

2018年5月にモバイル向けのローンチを果たし(参考:iOS/Android)、ナチスのアーリア人至上主義を象徴する収容所“レーベンスボルン”で生まれた子供達の成長と、彼らをとりまく差別や困難な状況を描き、非常に高い評価を獲得したSarepta Studioの「My Child Lebensborn」ですが、新たにSarepta Studioが本作のPC対応をアナウンスし、本日よりSteam Early Access版の販売を開始しました。

“My Child Lebensborn”は、レーベンスボルンで生まれた幼い子供を養子に迎えた主人公の子育てを軸に、舞台となるノルウェーで子供達が直面するヘイトや敵意、戦争が落とした影を容赦なく描くアドベンチャーで、実話にインスピレーションを得たストーリーや生活シム的な管理要素を特色としています。

なお、現行のPC版は英語とスペイン語、ブラジルポルトガル語、韓国語に対応していますが、製品版はモバイル版と同じく日本語に対応する予定となっています。

参考:2018年に公開された“My Child Lebensborn”のローンチトレーラー

本作は極めて困難な現実と無力さに苛まれる非常につらいゲームですが、近年世界中でじくじくと人々を蝕みつつある全体主義的な優性思想やヘイトの問題に興味がある方は、本作を通じて歴史的な負の遺産と向き合ってみてはいかがでしょうか。

「My Child Lebensborn」
「My Child Lebensborn」
「My Child Lebensborn」

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.