PS5向けリマスター「Marvel’s Spider-Man Remastered」初のプレイ映像がお披露目、新スーツやピーターの新たなフェイスモデルも

2020年10月1日 9:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Spider-Man」

先日、セーブデータの引き継ぎに関する情報をご紹介した“Marvel’s Spider-Man”のPS5向けリマスター完全版「Marvel’s Spider-Man Remastered」ですが、新たにSIEがリマスター版初のゲームプレイ映像をお披露目し、PS5向けの改善や変更点など、幾つか興味深いディテールが明らかになりました。

また、ピーターのフェイスモデルがオリジナルから差し替えられており、トム・ホランド風に若返ったピーターの外観を写したスクリーンショットが登場しています。(Insomniac Gamesはボイスアクターのユーリ・ローエンタールにマッチするよう新たにBen Jordanをキャストしたと説明している)

キャラクターモデルやライティング、レイトレーシング、各種シェーダーの改善による非常に精細なディテールに加え、パフォーマンスモードを用いた60fps動作が確認できる最新映像は以下からご確認ください。

生まれ変わったピーターとドックオクのディテールが確認できる映像
パフォーマンスモードによる60fpsプレイ映像

■ “Marvel’s Spider-Man Remastered”のディテール

  • “Marvel’s Spider-Man Remastered”は、“Marvel’s Spider-Man: Miles Morales Ultimate Edition”の購入および通常版のゲーム内メニューから利用可能なアップグレードパスのみを通じて入手可能。
  • 3種の新スーツを導入。1つはアメイジングスーツで、残る2つは今のところ不明。
  • レイトレーシングによる反射表現とアンビエントシャドウを実装。
  • キャラクターのモデリング改善に加え、皮膚と目、歯のシェーダー、新たな髪の毛のレンダーによってキャラクター描写を向上。
  • ピーター・パーカーのフェイスを刷新。ピーター役のボイスアクターであるユーリ・ローエンタールに近づけるため、Ben Jordanを起用。
  • 60fpsで動作するパフォーマンスモードを導入。
  • 高速ローディングやSpatial 3D Audio、DualSenseのハプティックフィードバックとアダプティブトリガーといったPS5固有の機能を活用。
  • “Marvel’s Spider-Man: Miles Morales”向けに改善されたフォトモード機能を搭載。
「Spider-Man」
レイトレーシング反射によるリアルな描画が確認できる
「Spider-Man」
新たなフェイスモデルに刷新されたリマスター版のピーター
「Spider-Man」
参考:PS4とPS5リマスター版のピーターを比較したイメージ
「Spider-Man」
新たに導入されるアメイジングスーツの外観
「Spider-Man」
「Spider-Man」
情報元及びイメージ:Game Informer, Game Informer, PlayStation.Blog, Kotaku

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.