PS5/Xbox Series X版「Watch Dogs Legion」はレイトレーシングを使用し4k/30fpsで動作予定、Ubisoftのプロデューサーが言及

2020年10月19日 10:10 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Watch Dogs Legion」

10月29日の現世代コンソールとPC版ローンチがいよいよ目前に迫る人気シリーズ最新作「Watch Dogs Legion」ですが、新たに本作のライブ運用を率いるUbisoftのプロデューサーLathieeshe Thillainathan氏がPS5とXbox Series X版のパフォーマンスについて言及し、何れもレイトレーシングを有効化し、4k/30fps動作を想定していることが明らかになりました。

これは、Lathieeshe Thillainathan氏が週末にAMAセッションを実施し、ファンの様々な質問に回答する中で明らかにしたもので、今のところ前述のシンプルな説明以外、次世代機版に関する具体的なディテールや改善は提示されていません。

なお、今回のAMAセッションでは、ダイナミックイベントがオンラインモード専用のコンテンツであることやマイクロトランザクジョンが主に衣装を対象とすること、オンラインでプレイ中のキャラクターにパーマデスが適用されないこと(今後も議論を継続)、ローンチ時に実装済みの衣装が2000種を超えていること、DLCミッションのクリアを問わずエイデンやレンチでシングルプレイヤーストーリーがプレイできること、オープンワールド環境で出会う全てのキャラクターがプレイアブルであることなど、多数のディテールが判明していますので気になる方はチェックしておいてはいかがでしょうか。

近未来のロンドンは崩壊の危機に直面していた。人々は完全なる監視体制下で抑圧され、民間軍事会社が街を支配し、強大な犯罪シンジケートが弱者を食い物にしている。プレイヤーはレジスタンスを組織して、ロンドンの運命をその手で切り開いていくのだ。

かつてない革新的ゲームプレイを実現する『ウォッチドッグス レギオン』では、ロンドンに暮らす人々を自由にレジスタンスの仲間に加え、操作することができる。オープンワールド内の全ての人物はプレイアブルキャラクターであり、それぞれにバックストーリー、個性、スキルが設定され、自分だけのユニークなチームを作成することが可能となっている。自分のキャラクターをオンラインに持ち込めば、フレンドと共にロンドン奪還を目指し、4人協力ミッション、エンドゲームチャレンジ、デイリーイベントに挑むことも可能だ。

今こそ、レジスタンスとして立ち上がるのだ。

誰にでもなれる

ロンドンに暮らす人々を自由に仲間に加え、レジスタンスを組織しよう。MI6エージェントから屈強なベアナックル・ボクサー、凄腕ハッカー、違法ストリートレーサー、サッカーの若手スター選手、どこにでもいそうな老婆まで、街で出会う全てのキャラクターをチームに加えることができるだけでなく、それぞれにバックストーリー、個性、スキルが設定されている。

メンバーのカスタマイズ

様々なPERKを解除し、プレイスタイルに合わせてレジスタンスのメンバーをカスタマイズしよう。各キャラクターはハッカー、インフィルトレーター、アサルトなどのクラスに育成することができる。個性豊かなコスチュームやマスクを使い、キャラクターのさらなるカスタマイズも可能だ。

ハッキングを駆使せよ

ロンドンの技術インフラは使い方次第で武器となる。武装ドローンをジャックし、スパイダーボットを忍ばせ、ARクロークで身を隠しながら敵を排除しよう。

自由度がもたらす多様性

戦い方はプレイヤー次第だ。ゲームには新たな近接攻撃システムと豊富な武器やアビリティが用意されており、戦闘の展開はアプローチによって大きく変化する。プレイヤー側が命を奪わない戦い方を選択すれば、敵側も鎮圧・逮捕を狙った行動を取る。逆に銃で襲いかかれば、敵側の攻撃でキャラクターが命を落として永久に使えなくなるリスクを背負うことになるのだ。

オープンワールドのロンドン

広大な都市部をオープンワールドだ再現。トラファルガー広場、ビッグ・ベン、タワーブリッジ、カムデン、ピカデリーサーカス、ロンドン・アイなど、ロンドンの様々なランドマークを巡り探索しよう。ベアナックル・ボクシング、フリースタイル・フットボール、違法商品の配達やストリートアートといった、サイドアクティビティにも挑戦可能だ。

フレンドと協力プレイ

自分のチームをオンラインに持ち込めば、最大3人のフレンドと協力プレイも行える。一緒に探索を行い、新たな協力ミッションや高難度のエンドゲームコンテンツに挑戦しよう。定期的なアップデートによって、新たなオンラインモード、報酬、テーマイベントなども随時追加されていく。

情報元及びイメージ:VG247, reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.