BioShockを生んだKen Levine氏の新作が開発の後半フェーズに突入か、開発者募集から気になる情報が浮上

2020年10月15日 2:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ghost Story Games」

傑作“BioShock Infinite”の発売と2014年2月の大規模レイオフを経て、2017年11月にスタジオの新たな名称が決定した「Ghost Story Games」(旧Irrational Games)ですが、お馴染みKen Levine氏が開発を率いる“BioShock”ではないデビュー作の続報が待たれるなか、新たにスタジオがシニアプロデューサーの募集を開始し、本作の開発が後半ステージに入ったのではないかと注目を集めています。

これは、前述の募集要項から浮上したもので、今のところ新作のディテールは不明ですが、サマリーには新作がRPG要素を備えた没入型のSci-Fi FPSであることに加え、まだ開発が後半の段階にあるため詳細はアナウンスされていないと記されています。(※ 現在は“後半の段階”と記した文言が修正・削除され、開発中であることのみが記載されている)

また、募集要項には開発チームが35人以下の規模である旨が明記されており、2017年に始動したデビュー作の動向に改めて注目が集まる状況となっています。

余談ながら、“Ghost Story Games”はKen Levine氏を含む元Irrational Gamesの開発者12名が設立したストーリードリブンゲーム専門のスタジオで、Ken Levine氏が掲げる“ナラティブレゴ”の手法に基づく野心的かつ実験的なオリジナルIPの開発に取り組んでいることが知られており、2018年11月には開発がプレイアブルな段階に入ったと報じられていました。

情報元:PC Gamer, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.