2Kが「シヴィライゼーション VI – ニューフロンティア・パス」に参戦するバビロンのハンムラビに関する情報を公開、発売は11月20日

2020年11月13日 22:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sid Meier’s Civilization VI」

先日、11月アップデートと新文明バビロンの話題をご紹介した「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」ですが、新たに2Kが国内向けのプレスリリースを発行し、新文明バビロンを率いる指導者ハンムラビの情報をアナウンス。さらに日本語字幕入りの解説映像を公開しました。

ハンムラビの能力やユニットに関するディテールを分かりやすくまとめた最新のリリース情報と解説映像は以下からご確認ください。

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』 シーズンパス バビロンのハンムラビを初公開!

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」DLC第4弾バビロンのハンムラビを初公開

今週、2Kは大人気ストラテジーゲーム『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』 シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の第4弾、「バビロンパック」を11月20日(金)に発売することを発表しました。

本日はバビロンの指導者ハンムラビを初公開します。

紹介動画はこちらからご覧いただけます: https://youtu.be/Cz2eSU9Dwy8

以下は『シヴィライゼーション VI』内で実際に紹介される情報です。

バビロン第1王朝第6代目の王であるハンムラビは、『ハンムラビ法典』を編纂したことで広く知られています。

これは犯罪に対して体罰に力を入れた、人類に知られているかぎり、最古の法律ですが、「疑わしきは罰せず」で知られる推定無罪の原則を確立した法律でもあります。

バビロン固有の能力である「エヌマ・アヌ・エンリル」は、ターン毎の科学力産出量の減少と引き換えに、技術に対してひらめきから最大限の科学力ボーナスをもたらします。

また、指導者の固有能力「ニヌ・イル・シルム」により、ハンムラビは専門区域を新たに築くたびに生産コストが最も低い建造物をその区域に無償で建設できます。

それ以外の区域を建設した場合には代表団を1つ無償で得られますが、これは政府複合施設には適用されません。

バビロン固有の太古の近接戦闘ユニットである「サブン・キビタム」は、移動力と視界が向上しているだけでなく、重騎兵と軽騎兵に対して優れた戦闘力を発揮します。

バビロンの固有建造物「パルグム」は「灌漑」によって解除され、「水車小屋」に取って代わります。

「パルグム」は生産力と住宅を追加し、真水タイルの食料産出を向上させます(ただし、都市が川に隣接していることが条件です)。

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」は6つのパックに分けられ、2021年3月まで隔月で発売されていきます。

DLCパック第4弾「バビロンパック」の発売は2020年11月20日(金)、対応プラットフォームはXbox One、PS4、Nintendo Switch、Windows PC、Mac、Linuxとなっています。

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の価格は\4,400円(税込)です。「バビロンパック」は単品での購入も可能となっており、その場合の価格は\550円(税込)です。

「バビロンパック」をプレイするには『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』ゲーム本編が必要です。

*すべてのタイトルと2Kの詳細についてはwww.2k.comをご覧ください。

「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.