Life is Strangeを生んだ“Dontnod”の新たなサイコスリラー「Twin Mirror」が発売、ローンチトレーラーも

2020年12月2日 12:47 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Twin Mirror」

先日、発売日の決定が報じられたDontnodの新作アドベンチャー「Twin Mirror」ですが、昨晩予定通り海外PS4とXbox One、PC(Epic Gamesストア)向けの販売が開始され、生まれ故郷に戻った主人公サム・ヒッグスと古い友人たちとの再会や、もう1人の人格と共に事件の解決に臨む様子を描いたローンチトレーラーが登場しました。

サム・ヒッグスは、ウェストバージニア州の町、バスウッドに見切りをつけたが、町の方は彼を忘れてはいなかった。元調査ジャーナリストが、亡くなった親友に最後の別れを告げるために地元の町に戻ってくると、つらい過去に解明されるべき謎がまだ存在していたことが明らかになる。

自分の過去に直面せざるを得なくなったサムは、最愛の人々との再会と、町の暗い秘密を暴くことになる自分の特殊な能力の間で板挟みになる。しかし、自分自身ですら信用できない彼に、誰を信じればいいのか判断できるのだろうか?

数々の賞を受賞したDONTNODの作家たちが、屈曲した冒険にプレイヤーを再び誘う。

心をつかむサイコスリラー

アメリカの小さな町の荒涼とした現実に根を下ろす、深みのある複雑なストーリーに浸ろう。調査が進むにつれ、サムは、記憶を呼び覚ますバスウッドの場所に蔓延し、一癖ある住人たちを引き寄せる陰謀のつながりを暴くことになる。

並外れた意識の中に潜入しよう

サムを優れた調査ジャーナリストにした、演繹的推論と記憶を視覚化できる能力が、この謎の解明にも役立つ。重要な出来事を再現し、サムの過去を訪れ、彼の独特な意識の中に深く眠る真実を解き明かそう。

自分自身の道を選択しよう

すべての判断、すべての交流、そしてすべての発見が、サムの調査の方向性に影響を及ぼし、最終的に自分をどれだけ犠牲にするかを決断することになる。正しい答えも間違った答えもない。自分の直感と価値感に従い自分のストーリーを完成させよう

情報元及びイメージ:Epic Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.