床に落ちた糸くずまで再現するフォトリアルなプロシージャル技術に焦点を当てる「Project: Mara」の新たな開発映像が公開、Ninja Theoryの実験的プロジェクト

2021年1月19日 11:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Project: Mara」

4vs4コンバットアクション“Bleeding Edge”の運用とメンタルヘルス関連の研究開発プロジェクト“The Insight Project”、そして期待の続編“Senua’s Saga: Hellblade II”と平行して、昨年初頭から計画が進められている「Ninja Theory」の実験的な新プロジェクト「Project: Mara」ですが、新たにスタジオが開発映像シリーズ“The Dreadnought Diaries”のエピソード3を公開し、何やら“Project: Mara”向けに驚くほどフォトリアルなプロシージャルシェーダー/ツールの開発を進めていることが明らかになりました。

これは、“Project: Mara”の舞台となるマンションの一室を“完全”に再現するための技術的な試みで、映像には部屋に用いられている木材やカーペット、壁紙といったマテリアルのサンプルを様々な条件下で撮影する様子や、技術アートディレクターが自ら開発した自作のスキャナを利用した撮影とリファレンスの作成、プロシージャルシェーダー経由のディテールマップ作成、サーフェスを離れて見た際のシェーダーと(床の微少なほこりや物質表面の凸凹が見えるほど)極限まで接近した場合に露わになる3Dジオメトリとの差を埋める革新的な技術、レーザースキャンによる部屋全体のポイントクラウドデータ化など、ミクロの視点から大きな部屋の完全再現を目指す過剰とも言える取り組みの数々が確認できます。

新たに公開された“The Dreadnought Diaries”の第3弾エピソード
参考:“Project: Mara”のティザートレーラー

“Project: Mara”は、現実世界における精神的恐怖をできる限り正確かつリアルに再現することを目指す実験的な作品で、没入的なストーリーテリングの新たな媒体となり得る手法のショーケースを目指しており、1人の主人公と1つのロケーションだけで極めて現実的な感覚の再現を描くことが報じられていました。

情報元及びイメージ:PC Gamer, Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.