Kingmakerに続く新たなパスファインダーCRPG「Pathfinder: Wrath of the Righteous」のベータが遂に始動、戦闘に焦点を当てるゲームプレイトレーラーも

2021年2月3日 17:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Pathfinder: Wrath of the Righteous」

Pathfinder: Kingmakerに続くOwlcat Gamesの新たなパスファインダーCRPGとして2019年末にアナウンスされ、昨年2月に行われたKickstarterキャンペーンの初日に目標の30万ドル調達を達成した期待作「Pathfinder: Wrath of the Righteous」ですが、本日Owlcat Gamesが昨年のアルファテストに続く後援者向けベータテストを開始し、最新作の本格的な戦闘に焦点を当てるゲームプレイトレーラーを公開しました。

なお、“Pathfinder: Wrath of the Righteous”のベータビルドは、Act4のコンテンツが実装済みで、一部コンテンツがプレースホルダとなっているほか、一部アーキタイプと上級クラスが未実装で、Act3までのゲームプレイについてはライブ配信や映像の公開が可能となっています。

また、ベータの開幕に合わせてTwitchとの連携やハブサイト、オリジナルストーリー、賞品を用意したインタラクティブな大規模コミュニティクエスト“Choose Your Own Story”がスタートしていますので、最新作を楽しみにしている方はイベントの進行をチェックしておいてはいかがでしょうか。

“Pathfinder: Wrath of the Righteous”は、前作“Kingmaker”の直接的な続編ではなく、その名の通りアドベンチャーパス“Wrath of the Righteous”に基づく新作で、前作のコアシステムを拡張し深く掘り下げるほか、新たにMythic周りのプログレッションや“Age of Lost Omens”の地域、新クラスWitchとOracle、キャラクターカスタマイズの拡張、ビジュアルの改善、360度回転可能なカメラを含むビジュアルの刷新、そして前作の王国作りに代わる本格的な軍隊の編成と強化・運用といった要素の導入を特色としています。

情報元及びイメージ:Kickstarter

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.