新クラスやバイオームなど、大量の新コンテンツを導入する「Rogue Legacy 2」の“Arcane Hallows”アップデートが配信

2021年2月19日 22:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rogue Legacy 2」

昨年8月の早期アクセスローンチを経て、10月末に第1弾コンテンツアップデート“The Far Shores”が配信された傑作ローグライトの続編「Rogue Legacy 2」ですが、新たにCellar Door Gamesが第2弾コンテンツアップデート“Arcane Hallows”の配信を開始し、前回のアップデートを超える規模の新要素を実装。早期アクセスの段階でコンテンツの全体的な規模が初代を上回ったことが明らかになりました。

また、大型アップデートの配信開始に併せて、新コンテンツの概要を紹介する本格的な解説映像が登場しています。

■ “Arcane Hallows”アップデートの主な新要素

  • 第4のバイオーム“Stygian Study”:王国の研究と進化を担う研究施設の中心部。順番を無視し、任意のタイミングで探索可能。
  • 2つの新クラス:銃で戦うガンスリンガーと、クローキング能力を持つハイパワーかつ脆弱なアサシン。
  • Architect:初代から復活するNPC。ワールドをロックすることで、ボス戦の練習やFairy Roomチャレンジの再挑戦、100%マップクリア等が楽しめる。有効化にはゴールドのコストが必要。
  • Curioショップ:冒険中に出会うランダムショップ。武器やスペル、タレント等が交換できるほか、Statsボーナスも得られる。
  • 港の改善:Architectの登場で手狭になった港を改装。
  • 難易度のバランス調整:全体的に難易度を低下。Heirloomチャレンジ等については個別に調整。Architectの組み合わせでさらに難易度が下がるため、今後も調整を継続。
  • Fairy Roomチャレンジのトリガー:Fairy Roomへの進入時にチャレンジが始まるのではなく、トリガーを有効化することでチャレンジが始動するよう変更。
  • アーマーの再デザイン:アーマーが一定のダメージを(最大値まで)ブロックするよう変更。なお、現在は実験的な調整で、今後さらなる調整が加えられる。
  • レリックのオーバーホール:装備毎に低下する新たなコスト“Resolve”を導入。“Resolve”が100%以下になると最大ヘルスが失われる。また、レリックに効果2倍/コスト2倍のツインモディファイアが追加される。
  • クラスのバランス調整:BarbarianとValkyrie、Chefが強力で、MageとDuelistが苦戦する状況を改善する広範囲なバランス調整を適用。
  • 最適化:パフォーマンスの改善やロード時間の短縮を含むQoL改善。
  • その他、多数の変更や細かな新コンテンツ、バランス調整、バグ修正を導入。
情報元及びイメージ:Rogue Legacy 2

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.