Valveがデジタルカードゲーム「Artifact」の開発中止を正式アナウンス、今後は2つの最終版を無料提供

2021年3月5日 9:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Artifact」

昨年3月にゲイブが大規模なリブートを予告し、5月には抜本的な刷新を図る“ベータ2.0”の運用がスタートしていた“Dota 2”ユニバースのデジタルカードゲーム「Artifact」ですが、その後の改善と進捗に注目が集まるなか、本日Valveが本作の今後について報告し、Artifactを刷新する“ベータ2.0”の開発を終了することが明らかになりました。

これは、運用の維持に必要な規模の十分なアクティブユーザーが得られなかったことから決定されたもので、今後はRichard Garfield氏が開発を率いたオリジナルを「Artifact Classic」、その後Valveの小規模なチームが刷新を図った改善版を「Artifact Foundry」(旧:2.0ベータ)に改め、無料で提供する一方で、これ以上ゲームプレイ自体のアップデートは行われないとのこと。

参考:昨年5月に公開されたベータ2.0の日本語字幕入り解説映像

『Artifact』の今後

『Dota 2』の世界観を基にしたカードゲーム、『Artifact』は2018年11月にリリースされました。 当初の売上は好調でしたが、その後プレイヤー数は大幅に減少してしまいました。 これにより、元々計画されていたサービス/アップデート開発モデルの変更や、ゲームのメカニズムとエコノミーすべての見直しを余儀なくされました。

現在のArtifactチームが本格的に刷新版の開発を開始してから約1年半が経過しました。 ゲームコンテンツについては目標のほとんどを達成し、この点にはかなり満足していますが、ゲームの今後の開発推進を正当化できるほどのアクティブユーザー数を得ることができませんでした。 こうした理由から、『Artifact2.0ベータ』の開発を中止するという苦渋の判断に至りました。

しかし、『Artifact』の2つのバージョンのプレイヤーベースは今も健在で、ゲームがコミュニティにとって価値あるものであることも理解しています。 そのため、この2つのゲームをすべてのユーザーに無料で提供することにしました。 『Artifact Classic』と『Artifactベータ2.0』(現在は『Artifact Foundry』に名称変更)の最終バージョンはこちらから利用可能です。 厳密に言えば、『Artifact Foundry』は一部において仕上げとアートワークが不足しており、未完成品のままですが、ゲームプレイの核となる部分はすべて揃っています。 どちらのゲームも引き続きプレイできますが、これ以上ゲームプレイのアップデートをリリースする予定はありません。

『Artifact Classic』の最終的な変更点の概要は以下の通りです:

  • ゲームは無料で誰でもプレイできます。
  • すべてのプレイヤーがすべてのカードを無料で使用できます。 今後はカードパックを購入する必要はありません。
  • ゲームを購入したプレイヤーが所有する既存のカードは、特別なコレクターズエディションに変換されており、今後もマーケットでの売買が可能です。 マーケットプレイスの統合はゲームから削除されました。
  • 有料のイベントチケットは廃止されました。
  • ゲームを購入したプレイヤーは、コレクターズエディションのカードパックを獲得できますが、無料でゲームを入手したプレイヤーはそれらのカードを獲得できません。

『Artifact Foundry』の最終版は以下のようになります:

  • ゲームは無料で誰でもプレイできます。
  • プレイヤーはゲームをプレイすることでカードを獲得します。 すべてのカードはこの方法で獲得でき、カードやパックの販売はありません。また、『Artifact Foundry』のカードはマーケットで売買できません。
  • ゲームには、制作中だったすべてのカードアートの最終版が含まれています。

(つまり、ここで言う「無料」とは、文字通り「無料」であることを意味します。)

『Artifact Foundry』と『Artifact Classic』の違いに関する詳細は、こちらのページをご覧ください。

『Artifact』プレイヤーの皆さんには心より感謝いたします。特に『Artifact Foundry』の仕上げにご協力いただいた皆さんに、厚く御礼申し上げます。 チームは、これがコミュニティへの最良のアプローチであると信じています。 2つのゲームの開発に取り組んできたことを誇りに思うと同時に、より多くのゲーマーの皆さんにお届けできることを楽しみにしています。

今すぐインストールしてプレイするには、ストアページにアクセスしてください。

感謝を込めて…
Artifactチーム一同

情報元及びイメージ:Game Informer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.