Valveがデジタルカードゲーム「Artifact」の大規模なリブートを進行中、ゲイブがインタビューで予告

2020年3月21日 13:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Artifact」

伝説的なカードゲームデザイナー、リチャード・ガーフィールド氏を迎え、“Dota 2”世界をデジタルカードゲーム化する新作として2018年11月にローンチを果たしたものの、リアルマネー売買を含むマネタイズやカードの入手性、バランス等の問題からユーザーベースの低迷が続いていたValveの「Artifact」ですが、昨年3月に報じられた抜本的な改善に対する取り組みの動向に注目が集まるなか、新たにValveのお馴染みゲイブ・ニューウェル氏がEdge誌のインタビューに応じ、“Artifact”ローンチの大きな失敗と今後の改善について言及。Valve内部で“Artifact”の大規模なリブートを進めていることが明らかになりました。

ゲイブによると、“Artifact”のリブートは、その規模が余りに大きすぎることからValve内で“Artifact 2”と呼ばれており、ローンチ時に起こった問題を要因を究明し、これらを解決した上でもう一度“Artifact”をやり直すための準備を進めているとのこと。

また、“Artifact”ローンチの低迷と不評に言及したゲイブは、初動の失敗に心から驚いたと振り返り、Valveは“Artifact”が非常に優れた作品だと考えていた旨を明らかにしています。

今のところ、“Artifact”の大規模リブートが新規の続編となるのか、それともNo Man’s Sky的な大型コンテンツアップデートとなるのか、その詳細は不明ですが、“Artifact”のSteamニュースには本日(2020年3月21日)付けで以下のようなメッセージが掲載されており、沈黙から1年が経過した本作の動向に改めて注目が集まる状況となっています。

製作中

まずは、ツイート、メール、投稿してくださった皆さん、ありがとうございました。 皆さんの『Artifact』への変わらぬ関心に励まされており、すべてのフィードバックに心から感謝しています!

皆さんも近々、いくつかの変更に気づくと思いますが、システムとインフラのテストを開始しています。 これが公開中の『Artifact』に影響を与えることはありませんが、お知らせまで。

『Half-Life: Alyx』のリリース後、さらなるニュースにご期待ください!

参考:2018年11月に公開された“Artifact”のプロモーション映像
情報元及びイメージ:GamesRadar, Steam, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.