5年に及んだ「Black Mesa」版“Xen”環境の開発と変遷を振り返る公式インタラクティブミュージアムMODがリリース

2021年4月27日 23:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Black Mesa」

発表から16年、早期アクセス入りから5年の歳月を経て製品版1.0のローンチを果たし、昨年末にリリースされた完全版“Definitive Edition”の多彩な改善を以て、遂に完成した初代“Half-Life”の大規模リメイク「Black Mesa」ですが、新たにCrowbar Collectiveが5年に及んだ“Xen”環境の開発を振り返る公式MOD「Xen Museum」をリリースしました。

“Xen Museum”は、多数の未使用/未公開アセットをあしらったジュラシックパーク風のメインロビーを中心に、3種のバイオーム“Xen”と“Gonarch”、“Interloper”をテーマにしたミュージアムを導入するCrowbar Collective謹製のインタラクティブツアーMODで、計56種を超えるマップの多彩な開発バージョンが探索できます。

5年に及んだ“Xen”環境の見事なオーバーホールと苦難に満ちた開発の歴史、驚きの進化の歩みが気になる方は一度古いバージョンのマップを散策してみてはいかがでしょうか。

情報元及びイメージ:PC Gamer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.