「Age of Empires IV」の全貌が分かる待望の日本語字幕入りプレビュー映像がお披露目、現行Definitive Editionの新情報も

2021年4月12日 11:25 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Age of Empires」

名門Relic Entertainmentが開発を担当する人気RTSシリーズ最新作として、2017年8月にアナウンスされ、今年初めには既にプレイアブルな状態にあると報じられた「Age of Empires IV」ですが、その後の動向と進捗に期待が掛かるなか、週末にAoEスタジオ“World’s Edge”がシリーズのプレゼンテーションを実施し、遂に最新作の全容が分かる日本語字幕入りの本格的なプレビュー映像が登場しました。

これに伴い、発売時期を含む“Age of Empires IV”の興味深い新情報が幾つか判明しているほか、ナンバリング3作品を含む現行“Definitive Edition”の新情報に加え、“Age of Mythology”に関する興味深い発言が明らかになっています。

30分弱に及ぶ「Age of Empires: ファンイベント」の日本語字幕入り映像

「Age of Empires IV」のディテール

  • “Age of Empires IV”の発売は2021年秋。PC版はSteamとWindowsストアで販売され、発売初日にXbox Game Pass入りを果たす。
  • ローンチ時に4種の歴史キャンペーンを実装。今回ノルマン民族のキャンペーンがお披露目された。キャンペーンは、BBCのドキュメンタリーにインスパイアされた演出を特色としている。
  • ノルマン民族キャンペーン“Norman Conquest”は、エドワード懺悔王の後継者争いを扱っており、ヘイスティングズの戦いを皮切りに、ロベール2世とウィリアム2世、ヘンリー1世がイングランドの支配を巡り戦う様子を描いている。
  • “Age of Empires IV”の進行は4つ時代(中世、封建、城主、帝国)で構成される。
  • 現段階で参戦が決定している文明はイギリスと中国、モンゴル、デリー・スルターンの4種。ローンチ時には8種のプレイアブル文明が実装される。
  • シリーズの伝統である騎兵と射手、槍兵のトライアングルは最新作にも継承されるが、“Age of Empires IV”の文明は、それぞれが異なる存在と感じられるよう、様々な差別化や固有のメカニクス追加等に基づくある種の非対称性を特色としている。
    • 例:モンゴルは建築物を全て梱包し、任意の場所へ移動できる。(映像に実際のフッテージ有)
    • 例:デリーには大型の戦象が登場。
    • 開発も文明によって大きく異なり、モンゴル文明の場合、全てのボイスオーバーにモンゴル人声優を起用しているだけでなく、モンゴルのミュージシャンと協力し、モンゴルの歴史家や馬の専門家等の監修を得ている。
  • 新要素として、森で敵を待ち伏せできるステルス要素が導入される。
  • ユニットが都市の壁に張り付き防衛する攻城戦向けの新要素が導入される。
  • 各文明のユニットは、それぞれの母国語を話す。
  • 製品版の発売前にベータテストが実施される予定。

既存の「Definitive Edition」と「Age of Mythology」について

  • 「Age of Empires II: Definitive Edition」に東ヨーロッパのキャンペーンを導入する拡張パック「Dawn of the Dukes」がアナウンス。発売は今夏。
  • 今年後半に「Age of Empires II: Definitive Edition」向けの新要素としてCo-op歴史バトルが登場。厳選されたキャンペーンミッションやバトルがCo-opプレイ可能となる。
  • 「Age of Empires III: Definitive Edition」初の大型アップデートとして、アメリカ合衆国が4月13日にリリース。アメリカは、“50 State Challenge”(※ 1日最大3つのチャレンジをクリアするだけ)を完了したプレイヤー向けに、期間限定で無料配布される。無料提供終了後は4.99ドルで単体販売される。
  • 「Age of Empires III: Definitive Edition」向けの新要素として、年内にアフリカの文明をフィーチャーしたアップデートがリリースされる予定。詳細は今年後半に解禁される。
  • 「Age of Mythology」について:メディア向けのインタビューにて、World’s EdgeのクリエイティブディレクターAdam Isgreen氏が2002年の「Age of Mythology」に言及。Age of Mythologyのことを忘れていないと語り、本作のことが常に話題になっていると強調している。具体的なことは何も提示していないが、皆がこのフランチャイズを愛しており、ファンの要望を十分に把握しているとのこと。
「Age of Empires」
「Age of Empires」
情報元及びイメージ:Xbox Wire, Xbox Wire

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.