腸内細菌研究を支援する「ボーダーランズ3」のミニゲームに200万人を超えるプレイヤーが参加、対象微生物のDNA解析率は84%に到達

2021年5月19日 12:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

2KとGearbox Software、マギル大学、Massively Multiplayer Online Science、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部が提携し、人間の腸内細菌環境研究を支援するゲーム内ミニゲームとして“ボーダーランズ3”に実装された「ボーダーランズ・サイエンス」ですが、新たにGearbox Softwareが導入から約1年が経過したミニゲームの統計情報をアナウンス。200万人を超えるプレイヤーが“ボーダーランズ・サイエンス”に参加したことが明らかになりました。

マギル大学のJérôme Waldispühl教授によると、ボーダーランズコミュニティの参加は、自分たちの予測を上回るもので、この多大な貢献により、わずか1年で当初マッピングしていた微生物のDNAを84%まで解析することができたとのこと。

また、Waldispühl教授は現在パズルを通じて獲得したデータの評価を進めており、できるだけ早い段階でマイクロバイオーム研究にこの結果を反映させたいと説明。想像を上回る参加者の推移によって、当初の想定をはるかに上回る解像度で腸内環境のマップを作り上げることができるだろうと強調しています。

“ボーダーランズ・サイエンス”の統計情報

  • 200万人のアクティブな参加者が、少なくとも1つのパズルを解いた。
  • リリース以来、毎週ボーダーランズ・サイエンスに参加しているプレイヤーの上位5人が、合算で3,200時間以上の貢献を果たしている。
  • ボーダーランズ・サイエンスのプレイヤーが解いたパズルの数は8,120万通り。
  • ボーダーランド・サイエンスに費やした累計プレイ時間は184年。

ミニゲーム“ボーダーランズ・サイエンス”は、採取後の整理が終わっていないDNAの塩基配列を示すヌクレオチドを4人のヴォルトハンターに見立て、マッチングパズルを解くことで二つの異なる塩基配列を整列させ、類似性を見ながら併置するもので(これによりDNA解析に必要な配列アラインメントが得られる)、今のところアラインメントの論理的な評価付けが困難であることから、AIを用いた解決と訓練が困難で、人間による手作業が最も信頼性の高いアラインメントが得られるとして、ミニゲームを介した世界的な分散作業が有効である旨が報じられていました。(※ ただし、プレイヤーはこういった背景を全く気にすることなく、楽しいパズルを解くことで人類の未来に貢献しながら、経験値増やドロップ品質増といった報酬が得られます)

情報元及びイメージ:Gearbox Software

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.