“Black Ops”シリーズの開発と成功を支えたJason Blundell氏が新スタジオ「Deviation Games」を設立、SIEと提携しPS専用の新規IP開発に着手

2021年6月11日 6:11 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Deviation Games」

先ほど放送が終了した“Summer Game Fest”キックオフライブに、長年Treyarchで“Call of Duty: Black Ops”シリーズ(中でも特にゾンビモード)の開発と成功を支え、2016年11月にはTreyarchの共同スタジオヘッドに就任し、昨年2月に同スタジオを退社していたベテランJason Blundell氏と、同じくTreyarchの中心人物の一人として活躍したDave Anthony氏が出演し、新スタジオ「Deviation Games」の設立を発表。なんとSIEと提携し、PlayStation専用タイトルとなる新規オリジナルIPの開発を進めていることが明らかになりました。

今のところ、“Deviation Games”のデビュー作に関する詳細は不明ですが、スタジオには既に100名を超える開発者が在籍しており、今後の動向に大きな期待が掛かる状況となっています。

Deviation Gamesとソニー・インタラクティブエンタテインメントがパートナーシップを締結。新規オリジナルIPの開発へ

この一年は新型コロナウイルス感染症によるロックダウンで混乱が続くなか、新スタジオを設立し、素晴らしい才能を持つ多くの人材を採用するなど、動きの激しいジェットコースターのような日々でした。今日にたどり着くまで信じられないような道のりでしたが、ついに私たちの旅の新たなるチャプターが始まるこの日を迎えることができました。私たちDeviation Gamesは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の協力のもと、新規オリジナルIPタイトルを開発します。本日は、このような大きなニュースを発表できて大変嬉しく思います。

パートナーのJason Blundellと私が出会ったのは何十年も前のことです。当時私たちは、自分たちのスタジオを持ち、志を同じくする開発者のみんなと自分たちのやり方でゲームを開発すること、そしてその中で固い友情が生まれるようなコミュニティーを築くことを夢見ていました。その夢が今日、現実のものとなりました。Jasonと私とで全く新しいものを一から制作すること、そして素晴らしいコミュニティーとレガシーを大胆に革新し、築き上げることができるこの機会を得られてとても幸運だと感じています。

私たちは自分たちのことを“Deviators”(型破りな者たち)と呼んでいます。ここでJasonからのコメントをご紹介します。

「Deviatorsを別の言葉で表現すると、“ルネサンス・マインドセット”です。Deviatorsは、自分たちの専門分野に情熱を注ぐだけでなく、他の分野にも愛を持っています。それこそが、私たちのスタジオとその文化、チーム、そしてこのプロジェクトをユニークで特別なものにすると信じています。これまでの経験から、決意を持った若いスタジオが成功するためには、強固なサポートが必要です。だからこそ、私たちの最初のタイトル制作にPlayStation®の協力を得られたことは、とても重要なことです。PlayStation Studiosの作品の数々をプレイしたことがある方はすでにご存じの通り、SIEは良作を生み出すノウハウを持っています。このようなパートナーを得られたことで、私たちの前途は素晴らしいものになると感じています」

今これを読んでくださっている皆さんが気になっているのは、われわれDeviation Gamesが一体どんなゲームを作っているのか、ということだと思います。開発を始めてどのくらいの期間が経過しているのか。ストーリー重視のゲームなのか、マルチプレイのゲームなのか。それとも協力プレイ、あるいはこれらのすべてに該当する、もしくはそれ以上の要素もあるのか。そして発売日はいつなのか。

現在すでに開発が始まっていることはお伝えできますが、まだ具体的な内容をお届けできる段階ではありません。Deviation Gamesでは、何年ものゲームの開発経験から学んだことを活かしつつ、これまでに皆さんが経験したことのない新鮮で革新的な体験を作りたいと志しています。私たちの野心は非常に高く、アクションとエネルギー満載の、大規模でコンテンツ豊富なゲームの開発に臨んでいますが、本日お話しするのはここまでとさせていただきます。そう遠くないうちに、その詳細を皆さんにお伝えできることを願っています。

世界中から素晴らしい人材を集めた私たちは、100人以上のDeviatorsとともに急速に成長しています。SIEという素晴らしいパートナーを得られた私たちDeviation Gamesに、ぜひご期待ください。

ファンの皆さん、特に私たちのチームメンバーが手掛けた過去作品の頃から応援してくださっている皆さん。新たなものを創ろうと歩み始めた私たちを後押ししてくださりありがとうございます。今後はDeviation Gamesの公式サイトやSNSなどでも最新情報をお届けしますので、ぜひチェックしてみてください。しばらく音沙汰のない期間が続くと思いますが、次に具体的なお話ができるときには、必ずや皆さんを驚かせたいと思っています!

Deviation Games公式サイトはこちら

情報元及びイメージ:Polygon, PlayStation.Blog, PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.