Todd Howard氏がルーカスに「インディ・ジョーンズ」ゲームを提案したのは“Skyrim”の発売よりも古い2009年だった、氏が自ら誕生の経緯に言及

2021年6月30日 1:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Indiana Jones」

今年1月、名門“Lucasfilm Games”の復活と共に、Bethesda Game Studiosのお馴染みTodd Howard氏が製作総指揮を務め、新生“Wolfenstein”のMachineGamesが開発を担当する新作としてアナウンスされ、世界中のゲーマーを驚かせた「インディ・ジョーンズ」の新作ビデオゲームですが、未だ謎の多い期待作の動向や現状、ディテールを含む続報が待たれるなか、Todd Howard氏が英Telegraph紙のインタビューに応じ、“インディ・ジョーンズ”ゲームが誕生した経緯に言及。氏が自らルーカスフィルムにゲーム化のアイデアを提案したのが、なんと“The Elder Scrolls V: Skyrim”の発売よりも古い、2009年の出来事だったことが明らかになりました。

Todd Howard氏は、2009年の提案以来、ずっとビデオゲーム化の実現を模索していたものの、チャンスに恵まれないまま歳月が過ぎたと説明。しかし、MachineGamesと出会ったことで、素晴らしいストーリーテラーである彼らなら“インディ・ジョーンズ”にぴったりだと考え、ルーカスとディズニーに改めてビデオゲーム化の具体的な提案を行ったとのこと。

氏は、自ら愛する“インディ・ジョーンズ”のゲーム化を提案したものの、当初は本当に実現するとは思っていなかったと振り返っていますが、MachineGamesはこのゲーム化を成功させる世界最高のチームであり、既に驚くべき仕事ぶりを見せていると伝えています。

参考:今年1月に公開された“インディ・ジョーンズ”ゲームのティザー映像

情報元及びイメージ:VGC, The Telegraph

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.