Todd Howard氏が製作総指揮を務める“インディ・ジョーンズ”ゲームは「The Elder Scrolls VI」と「Starfield」の開発に影響を与えない、Pete Hines氏が説明

2021年1月13日 12:10 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Indiana Jones」

昨日の名門“Lucasfilm Games”復活を経て、昨晩のサプライズで世界中のゲーマーを驚かせたBethesda SoftworksとLucasfilm Games、MachineGamesの「インディ・ジョーンズ」ゲームですが、お馴染みTodd Howard氏が製作総指揮を務める最新作の動向と既存の“Bethesda Game Studios”タイトルに対する影響に注目が集まるなか、Pete Hines氏が今回の発表について言及。“インディ・ジョーンズ”プロジェクトが「The Elder Scrolls VI」と「Starfield」の開発に影響を与えることはないと明言しました。

他のタイトルへの影響を懸念するファンの質問に答えたPete Hines氏によると、Todd Howard氏は現在Bethesda Game Studios作品やTVドラマ版“Fallout”を含む多数のプロジェクトで製作総指揮を務めているものの、Todd Howard氏の主な役割は今も“The Elder Scrolls VI”と“Starfield”のディレクションであり、ゲームディレクターとしての役割が今日のニュースに影響されることはないとのこと。

一方、BethesdaとMachineGamesは予てから新生シリーズのナンバリング最新作でトリロジーの最終章となる「Wolfenstein III」を必ず作り上げると明言していますが(参考:過去記事)、今のところ“Wolfenstein”最新作と“インディ・ジョーンズ”の関係は不明で、さらなる確認が待たれる状況となっています。(※ MachineGamesは現在マネタイズ/ライブデザイナーを募集中、新作にマイクロトランザクションが導入されるのではないかと見られている)

さらに余談ながら、昨年9月に公開されたTodd Howard氏のインタビュー中に、映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の黄金像と聖櫃が映り込んでおり、(以前Phil Spencer氏が未発表のXbox Series Sを映像に忍び込ませていたように)“インディ・ジョーンズ”の新作を示唆していたのではないかと注目を集めています。

「Indiana Jones」
参考:2020年9月に公開されたインタビュー時の1シーン、背後の棚に注目
情報元及びイメージ:GameSpot, GameSpot, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.