高校生活最後の1年を描く青春アドベンチャー「Goodbye Volcano High」の発売が2022年に延期、開発はGNOGのKO_OP

2021年8月19日 11:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Goodbye Volcano High」

昨年6月にアナウンスされ、魅力的なキャラクターと世界観が話題となったKO_OPの次回作「Goodbye Volcano High」ですが、新たにKO_OPが本作の開発に関する声明を発表し、2021年内を予定していた発売時期を2022年に延期したことが明らかになりました。

今回の延期は、新型コロナウイルスの感染拡大とストーリーの再構築が要因となったもので、KO_OPはチームの健康が最優先となる極めて大変な状況下で年内の発売を実現するために、さらなるストレスを課す状況を生みたくなかったと説明しています。

今のところ、現状の進捗や新たな発売時期に関する具体的なディテールは不明ですが、ストーリーの再構築については、やや暗く重かったストーリーと世界の終わりを描くテーマの中で、希望と喜び、モラトリアムの終わり、人生の物語を十分に引き立てるよう鮮やかに、そして各キャラクターのモチベーションや性格を入念に見直したほか、ペットの追加といった取り組みを進めていたことが判明していました。

参考:“Goodbye Volcano High”のアナウンストレーラー

擬人化された恐竜たちが通う高校“Volcano”ハイスクールが舞台となる“Goodbye Volcano High”は、高校最後の1年やバンド活動を通じて、時代の終わりとラブストーリーの始まりを描くストーリー重視のアドベンチャーで、傷つくことを恐れ他者を必要としない振りをしているシニカルな主人公“Fang”や、彼女の唯一の親友でバンド仲間でもある“Trish”、優等生で嫌味な生徒会長“Naomi”、Naomiの相棒で傍若無人な“Naser”(※ 主人公の弟)を含む主要キャラクターの日常を描くことが報じられていました。

なお、“Goodbye Volcano High”は、80 DaysやHeaven’s Vaultといった数々の傑作で知られるInkleのアドベンチャーエンジンを採用しており、プレイヤーの選択が広範囲に影響を与え分岐するストーリーをはじめ、Boyfriend DungeonやWinding Worldsのオーディオディレクターを務めたDabuとモントリオールのミュージシャンBrigitte Naggarを起用したボーカル曲、KO_OPがノンバイナリーな俳優を探したどり着いたラックラン・ワトソン(※ サブリナ:ダーク・アドベンチャーのスージー/セオ役で知られる)の出演、PS5用コントローラー“DualSense”のハプティックフィードバックを利用した主人公“Fang”の繊細な感情表現といった要素を特色としています。

情報元及びイメージ:gamespress, Game Informer, KO_OP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.