Categories: moviePC

No Man’s Skyを生んだHello Gamesの新作パズルアドベンチャー「The Last Campfire」のSteamローンチが2021年10月7日に決定

かつてFrontier Developmentsで名作“LostWinds”を生んだSteven Burgess氏とChris Symonds氏が開発を率いるHello Gamesの新作として、昨年8月にPS4とXbox One、Nintendo Switch、Apple Arcade、Epic Gamesストア向けのローンチを果たし、高い評価を獲得したパズルアドベンチャー「The Last Campfire」ですが、新たにHello GamesがSteam版“The Last Campfire”の配信日をアナウンスし、2021年10月7日のローンチを予定していることが明らかになりました。

IGNの報告によると、10月1日に開幕する“Steam Nextフェス”にて、本作のプレイアブルデモがリリースされるとのこと。

参考:“The Last Campfire”のローンチトレーラー

“The Last Campfire”は、謎の遺跡に閉じ込められた主人公が希望の灯を見つけ、最後のかがり火に火を灯す旅の物語を描くパズルアドベンチャーで、かつて名門Frontier DevelopmentsでLostWindsを手掛けたゲームデザイナーとして知られ、モバイル版Joe Dangerの共同開発者でもあるSteven Burgess氏がプロジェクトを率いています。

The Last Campfire

The Last Campfireは、故郷へ帰るための理由と方法を探すアドベンチャーであり、不思議な場所から抜け出せなくなった、失われた残り火の物語です。

旅の途中で

闇の森の向こうにある土地深くへと旅を進め、目の前に広がる逆境を超えていきましょう。

世界を発見

失われた人々、奇妙な生き物や謎の廃墟が溢れる、美しい荒野を発見しましょう。

最後のキャンプファイヤーに火を灯す

最後のキャンプファイヤーに火を灯すため、希望を見つけ、その希望と共に旅を進めましょう。

小さなスタジオから

Hello Gamesと、LostWindsのクリエイティブな頭脳によって作られたユニークな物語です。

情報元及びイメージ:IGN