BrinkやEnemy Territory: Quake Warsを生んだ名門「Splash Damage」が新たなSci-Fi IPの開発をスタート

2021年10月14日 23:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Splash Damage」

かつて、“Enemy Territory: Quake Wars”や“Brink”を手がけ、近年は“Gears of War”や“Halo”シリーズの開発支援で知られるイギリスの名門「Splash Damage」ですが、2020年にリリースしたStadia専用ゲーム“Outcasters”以降の動向に注目が集まるなか、新たにSplash Damageが公式サイトを更新し、オリジナルのSci-Fi世界を舞台とする新作ゲームの開発を進めていることが明らかになりました。

今のところSci-Fiテーマの新IPに関するディテールは不明ですが、来る新作の開発に携わるプログラマやディレクター、アーティスト、デザイナー、アニメーターなど、多数の開発者募集が進められています。

情報元及びイメージ:GameSpot, Splash Damage

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.