ロシアによるウクライナ侵攻の現実を描く完全無料のビジュアルノベル「Ukraine War Stories」がアナウンス、開発はウクライナのStarni Games

2022年7月25日 23:40 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ukraine War Stories」

2月24日始まった侵略から151日を経て、今なお筆舌に尽くしがたい困難な状況が続いているロシアによるウクライナ侵攻ですが、新たにウクライナのデベロッパ“Starni Games”が現地で起こった出来事を描く完全無料(アプリ内課金もなし)のビジュアルノベル「Ukraine War Stories」を発表。2022年10月のローンチに先駆けて、本日よりデモの配信を開始しました。

“Ukraine War Stories”は、ロシアによるウクライナ侵攻時に実際に起こった出来事を目撃者の証言に基づき再現するビジュアルノベルで、ロシアの占領下で丸1週間に渡って地下のガレージに隠れ無事避難に成功した開発者の実体験を含め、極限状態の物語を現地で撮影された戦争写真を用いるアートと共に描いています。

本日配信されたデモは、本編に実装される3つのエピソードの1つ“Hostomel”の全編がプレイ可能で、2022年2月24日に始まった侵攻の初日にミサイル爆撃の標的となったホストメルを舞台に、引退した航空技師Oleksiy Borisovさんが生存のために必要な資源を管理しながら、大切な人達を安全に非難させる困難なサバイバルが追体験できます。

本日公開された“Ukraine War Stories”のトレーラー

なお、“Ukraine War Stories”の製品版には占領下のブチャに閉じ込められた母親と娘姉妹の物語に加え、マリウポリが舞台となるエピソードが実装される予定で、現在もウクライナ市内で開発を続けているStarni Gamesは完全無料のこの作品を広めることがスタジオとウクライナの支援に繋がると説明しています。

ウクライナ侵攻下における現地の惨状やウクライナ市民から見た被害の状況に興味がある方は、デモをプレイし、ウィッシュリストへの追加を行うことで“Starni Games”の活動を支援してみてはいかがでしょうか。

「Ukraine War Stories」
「Ukraine War Stories」
「Ukraine War Stories」
「Ukraine War Stories」
情報元及びイメージ:Games Press, Steam

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.