“krafton”が韓国の人気ファンタジー小説「The Bird That Drinks Tears」をビデオゲーム化する未発表新作の公式サイトをオープン

2022年8月6日 13:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「KRAFTON」

昨年5月、Kraftonがドラゴンラージャやフューチャーウォーカーシリーズで知られる韓国の人気ファンタジー作家イ・ヨンドの「The Bird That Drinks Tears」をビデオゲーム化する新プロジェクトをアナウンスし話題になりましたが、新たにkraftonが本作の公式サイトをオープンし、プロジェクトの存在を正式に発表。現在は初期段階にある開発の本格化に向けて、開発者の募集を開始しました。

“The Bird That Drinks Tears”(涙を飲む鳥)は、韓国の神話をベースにしたオリジナルのファンタジー世界を舞台とする長編小説で、それぞれに異なる神を信仰し異なる四元素を司る4つの種族やトールキンと比較されるような規模の綿密な歴史や世界の構築を特色としており、2005年には続編の“The Bird That Drinks Blood”が発売済みとなっています。

今のところ、“The Bird That Drinks Tears”のビデオゲーム化に関する詳細やタイトル名、対応プラットフォーム、発売時期等は不明ですが、この新プロジェクトにはスター・ウォーズや数々のマーベル作品、ターミネーター、ハリー・ポッター等で知られる世界的なアーティストIain McCaig氏が参加しており、公式サイトには数々の高品質なアートワークや原作と同じ主要キャラクター5人のコンセプトアートが掲載されており、今後の動向に大きな期待が掛かる状況となっています。

「KRAFTON」
「KRAFTON」
「KRAFTON」
「KRAFTON」
「KRAFTON」
「KRAFTON」
ナーガのRyn Paye、4つの種族を救う使命を負う人物
「KRAFTON」
ナーガのAmo Paye、踊りと剣の腕前で知られる人物、Rynの姉
「KRAFTON」
レコンのTynahan
「KRAFTON」
トッケビのHenby Surabol、陽気なトッケビで魔法使い
「KRAFTON」
人間のKagan Draca、ナーガを狩る謎の人物
情報元及びイメージ:PC Gamer, ComicBook, GameSpot, KRAFTON

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.