「Epic Games」

先日、Microsoftが“Gears of War”フランチャイズの取得を発表した際に、看板フランチャイズの手綱をRod Fergusson氏へと手渡すことで新たな計画に注力出来ると強調していたEpic Gamesですが、本日GDC会場で行われたAnimation Bootcampパネル“Animation Prototyping for Games”にEpicのリードアニメーターJay Hosfelt氏が登壇し、新作のプロトタイプ開発について解説を行うなかで、開発中の新IPに使用しているキャラクターの3Dモデルを提示。このモデルが2011年にお披露目された“Samaritan”の主人公に酷似していると注目を集めています。

「Epic Games」
GDCパネル中に提示されたイメージ

パネル中に提示されたキャラクターは、ロングコートやくわえタバコ、リボルバー風の武器など、Samaritanの主人公と同じ特徴を備えていますが、Samaritanとの関係に関する言及は行われず、まだ名前も決まっていない新IPに登場するキャラクターであることのみが明かされたとのこと。

なお、今回のパネルはタイトル通りゲームのプロトタイプ開発過程におけるアニメーション製作にスポットを当てたもので、UE4のオブジェクト指向アニメーションツールを利用することにより、次世代化に伴い複雑化/高精細化する各種アセットの完成を前に様々なデザインアイデアを試みることが出来るほか、Gears of War 3では12週間も必要だったアイデアフェーズから初期のプレイアブル段階までの過程が、現在では僅か1週間で実現出来るといった解説が行われました。

参考:EpicがUE3.5相当のデモとして公開した2011年の“Samaritan”デモ映像

余談ながら、2011年に映像が公開された“Samaritan”については、かつてPrototypeのリードデザイナーを務め、昨年Batman: Arkham Originsの開発を率いたEric Holmes氏が一時Epicに在籍していた際にCliffy Bと共に取り組んでいた新IPだという噂も囁かれていました。(※ 元々Eric Holmes氏はCliffy Bに口説かれてEpic入りしたことが報じられていた)

また、Epic退社後に自らのBlogで過去を振り返ったCliffy Bは、“Samaritan”が単なる技術デモではなく、抜群のストーリーを持つ完全なゲームだったと語ったものの、その後該当部分の記述のみが削除される事態となっていました。

情報元及びイメージ:Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.