「Mass Effect」
謎の惑星に佇むMako、画像は全て原寸大のイメージにリンクしてあります

昨日、“Halo 4”のリードライターを務めたChris Schlerf氏が脚本を担当することが報じられたBioWare Montrealの次期「Mass Effect」ですが、昨晩予定通り“N7 Day”の開発者ラウンドテーブル配信が実施され、新Makoが描かれた壮観な眺めの惑星や、新たに登場するエイリアン種族の建築物、シタデルの一部と見られる都市環境など、多数の未公開アートワークが公開されました。

今回は、これらのイメージに加え、ラウンドテーブルから明らかになった次期“Mass Effect”に関する情報をまとめてご紹介します。

  • ラウンドテーブルにて、来る次期“Mass Effect”に新たなエイリアン種族が複数登場を果たすことが明言された。
  • Mike Gamble氏によると、これらの新種族はそれぞれに固有のアーキテクチャを備えた自身の世界を有するとのこと。
  • Fabrice Condominas氏は、来る新作が“探索”にフォーカスしていると改めて強調。探索が単なる地理的な要素に留まらず、人類や他の種族、キャラクターそのものの発見等に深く関係していることをアピールしている。
  • また、新作はこれまでと同様に“選択”要素を特色とし、新デザインのMakoもその要素の一部であることが明かされた。
  • Chris Wynn氏は、次期“Mass Effect”のゴールが“Mass Effect 4”を作り上げないことと発言している。
  • 次期“Mass Effect”の対応プラットフォームに関する正式なアナウンスは行われていないが、今のところPCと次世代プラットフォームにフォーカスしているとのこと。
  • 新しいレベルのゲームを提示するために、Dragon Ageチームの開発者数人がMass Effectチームに移籍している。
  • 別のゴールとして、シリーズ最大の“Mass Effect”タイトルを構築することが挙げられた。
  • “探索”要素は、プレイヤーに与えられる“自由”の一部で、探索が強要されるわけではない。
  • 次期“Mass Effect”の主人公はヒーローになりつつある人物で、熟練した有能な人物ながら、伝説的なシェパードの能力に達するような人物ではないとのこと。
「Mass Effect」
スケールの大きな探索を思わせるロケーション、Makoを降りたキャラクターの姿も
「Mass Effect」
シタデルの一部とされるイメージ
「Mass Effect」
平和的な新種族の美しい建築様式
「Mass Effect」
危険な新種族のアーキテクチャ
「Mass Effect」
プレイヤーらしきキャラクター、探索に利用する機能を発動しているらしい
「Mass Effect」
巨大な母船らしき構造体、手前に小さな宇宙船が飛行している
情報元及びイメージ:Polygon, Game Informer, DualShockers

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.