「Mount&Blade II: Bannerlord」

2012年9月に正式アナウンスを経て、昨年は数枚のスクリーンショットと広大なロケーションを生み出す内製エンジンの技術的な映像が公開されたTaleWorldsのサンドボックスアクションRPG「Mount&Blade II: Bannerlord」ですが、新たに公式Blogが更新され、Periscope StudioのFinn Seliger氏がメインコンポーザーを務める本作の楽曲製作に関する情報とサンプルの試聴データが公開されました。

TaleWorldsの報告によると、本作のサウンドトラックはゲーム内に登場する6つの勢力それぞれが異なる文化圏であることを表すために、勢力毎に違うスタイルが用意されており、斧と剣で武装した北方のバイキング的な“Sturgia”勢力にダヴル(両面の大太鼓)やニッケルハルパ、ティンパニーを用い、ニッケルハルパに調和させるストリングスの重低音を重ねる一方で、“Vlanda”にはLandsknechtドラムによるリズミカルな伴奏にバイオリンやハーディ・ガーディ、縦笛の旋律を乗せ、砂漠のオアシスに暮らす“Aserai”はアラビア的な響きを出すためにウードやドゥドゥクといった楽器を用いるといった非常に興味深い取り組みを進めているとのこと。

また、今回公開された試聴データは、勢力別の独奏楽器による主題を提示したうえで、現代的なストリングスとアレンジを加えた最終的な仕上がりの一部を紹介しており、来る“Mount&Blade II: Bannerlord”の各勢力に絡む続報が今から待ち遠しい状況となっています。

サウンドトラックの製作に用いられた楽器のイメージを含む試聴サンプルは以下からご確認下さい。

■ 南方に広がる低木地と砂漠のオアシスに暮らし、歩兵と馬の利用を特色とする“Aserai”

■ 森で生まれ奇襲戦に秀でる“Battanians”

■ ガレー船や槍部隊、射手を含む連合部隊を擁する“Empire”

■ 東の交易都市を統べ、馬に騎乗した射手を特色とする“Khuzaits”

■ 北方の森を植民地化し斧と剣で武装した“Sturgians”

■ 優れた重騎兵で知られる“Vlandians”

「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
「Mount&Blade II: Bannerlord」
情報元及びイメージ:Mount&Blade II: Bannerlord

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.