「Yooka-Laylee」

発売日が2017年4月11日に決定し、Nintendo Switch対応も報じられるなど、“バンジョーとカズーイの大冒険”の精神的な後継作品として大きな期待が掛かる新作アクション「Yooka-Laylee」ですが、本日Playtonicが公式サイトを更新し、新たなベテランの雇用を発表。かつてRareで活躍したAndy Wilson氏とGary Richards氏がPlaytonic入りを果たしたことが明らかになりました。

「Yooka-Laylee」
Playtonic入りを果たしたAndy Wilson氏とGary Richards氏

Andy Wilson氏は、かつてRareでDiddy Kong Racing(ディディーコングレーシング)やBanjo-Kazooie(バンジョーとカズーイの大冒険)のQAを率い、その後は15年に渡ってデザイナーとして活躍したベテランで、Rare退社後は商用ソフトウェア開発に従事していたものの、ビデオゲーム開発の渇望に抗えずPlaytonic入りを決断。スタジオの新たなプロデューサーに就任しています。

一方のGary Richards氏はゲームボーイ版“Donkey Kong Land 3”(ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング)をはじめ、Conker’s Pocket TalesやSabre Wulf、Banjo Pilot(バンジョーパイロット)、Viva Pinata: Pocket ParadiseといったRareの携帯機向けタイトル開発を率いた人物で、Playtonicのデザインチームに参加するとのこと。

余談ながら、Playtonicは元RareのコンポーザーGrant Kirkhope氏やアーティストSteven Hurst氏が2012年に設立したスタジオで、2014年に敢行されたRareの大規模なレイオフに伴い、“あつまれ!ピニャータ”のデザイナーGavin Price氏やバンジョーとカズーイのボイスアクトを担当したプログラマChris Sutherland氏、“バンジョーとカズーイ”シリーズのアーティストSteve Mayles氏、エンジニアJens Restemeier氏、デザイナーMark Stevenson氏達が参加するなど、文字通りRareの黄金時代を支えたベテランたちが集結するドリームチームとして注目を集めていました。

「Yooka-Laylee」
イギリスではOPM誌の読者向けに楽曲の1部を収録した“Yooka-Laylee”のサンプルCDが無料で配布される
情報元及びイメージ:Playtonic Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその104
「いいえ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.