Bungieがインディーデベロッパを支援する新たなプロジェクト「Bungie Aerospace」を発表、最初の提携スタジオも判明

2011年7月1日 11:12 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Bungie Aerospace」

昨年の3月に商標登録が発見され、正式な発表が近いと予告されていた「Bungie Aerospace」のプレスリリースが昨晩発行され、Bungieがインディーデベロッパのタイトル開発を全面的に支援するパートナーシッププログラムであることが正式に発表されました。

Bungie Aerospaceは提携したデベロッパにクリエイティブの自由と共に、Bungie.netのプラットフォームやオーディエンス、Bungieが擁する巨大なコミュニティといった開発に必要なリソースを開発者に提供するもので、プロジェクト初の提携デベロッパとしてシアトルのHarebrained Schemesが発表され、同スタジオが今夏のリリースを目標に開発を進めているiOSとAndroid向けのモバイルゲーム“Crimson”の支援を行うことが明らかになりました。

なお、Harebrained SchemesはMechWarriorシリーズやカルトなサイバーパンクRPG“Shadowrun”を手掛けたゲームデザイナーのJordan Weisman氏が率いている小規模なスタジオで、氏はこれまでHalo 2の大規模なARGプロモーション“I Love Bees”を仕掛けたブレインとしても知られる人物です。

Kotakuが行ったBungieへのインタビューによると、この新作CrimsonはJordan Weisman氏が2007年に設立した“Smith & Tinker”がライセンスを受けた“Crimson Skies”とは違う世界で展開される作品であるものの、Crimson Skiesと似た陽気で楽しいアプローチを見せるフライト戦闘ゲームであることが、BungieのコミュニティマネジャーEric Osborne氏により示唆されています。

なお、上述したプレスリリースの抜粋にはBungie.netの資産が提供される旨が記されていますが、同サービスが実現しているステータス追跡や技術的なインフラをAerospaceが利用するわけでは無く、Aersopaceがあくまでビジネス的な支援を行うもので、新しいゲームセンター的な役目や新しいSteamworksを目指すものではないとOsborne氏は強調しています。

情報元及びイメージ:bungie.org, Joystiq, Kotaku

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.