Kinectを利用しサンドボックスでサンドボックスを作って遊ぶプロジェクト「The world of Mimicry」が凄い!

2011年7月4日 16:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kinect」

先日KinectのSDKが正式にリリースされて以来、ユニークなアイデアを盛り込んだ様々なプロジェクトが発表されていますが、今回はそんな中から砂箱でサンドボックスを作り、リアルタイムで変化するその世界の中でゲームを行う「The world of Mimicry」をご紹介します。

まずはKinectとプロジェクタ、砂の箱を組み合わせてプレイするThe world of Mimicryのトレーラーからご覧ください。

The world of Mimicryでは映像にも収められた砂箱内の形状データを取得するためにKinectを利用しており、このデータをリアルタイムで反映した3D空間をゲーム用のマップとしてPC内に再現、ゲーム側のプレイヤーはこのマップを舞台にキャラクターを操作し、鬼ごっこをプレイします。

さらに、砂箱側にはゲームのプレイ内容とマップの等高線データがプロジェクターから直接投影され、ゲームプレイ側のキャラクターの移動にいくつかのバリエーションが用意されていることから、ゲームプレイを行うプレイヤーと、砂箱でサンドボックスを作成するプレイヤー達が相互に影響しあう不思議なインタラクションが形成されています。

以下にサンドボックスの成型にスポットを当てた映像もご紹介。リアルタイムで形状データをスキャンし、変化に伴って緑が生え、水が湧き出すなんとも不思議なプレイの様子がたっぷりと収められています。

情報元及びイメージ:Hack a Day

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.