“PAX Prime”にてメックタイトルの期待作「Hawken」の新トレーラー公開が判明、これまでの経緯を映像でおさらい

2011年8月23日 15:04 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hawken」

かつてIntelで新世代エンジン“Project Offset”を手掛けていたメンバー達が新たに起ち上げたインディースタジオAdhesive Gamesが開発を進めているマルチプレイヤーにフォーカスしたメックシューター「Hawken」が今月26日から開催される“PAX Prime 2011”に出展されることが判明、現地の27日金曜日に行われるPCゲームのプレゼンテーションイベントにて久しぶりの新トレーラーが公開されることが明らかになりました。

これは、先ほど公式Twitterが明らかにしたもので、まだ具体的な発表が行われていないパブリッシャーに関する続報などにも期待したいところです。

本作の個性的なメックデザインを手掛けるデザイナーのKhang Le氏はこれまで日本の著名なSFイラストレーターである横山宏氏の「マシーネンクリーガー」シリーズに大きな影響を受けていることを公言しており、Adhesiveのスタッフ達も今作にインスパイアを与えた作品に映画「第9地区」や映画「ブレードランナー」、そして国内でもお馴染みの「攻殻機動隊」や「鉄コン筋クリート」を挙げるなど、ある種のゲーマーには垂涎物のテイストでタイトルの開発が進められています。

また、最初のトレーラーが公開された際には9人の開発スタッフがUDKを利用して9ヶ月で作り上げた映像であることが大きな話題として報じられており、インディースタジオながら“Project Offset”に絡んだAAAタイトルの開発に取り組んでいた彼らの経験が存分に発揮されたタイトルとしても注目を集めています。

今回はそんな注目作であるHawkenのこれまでに登場した代表的な3本の映像をおさらいとしてご紹介。久しぶりに登場する続報を前に改めて復習しておいてはいかがでしょうか。

世界中の度肝を抜いたアナウンストレーラー
初のプレイ映像が収められた第2弾トレーラー
資源を奪い合うSiegeモードプレイを収めた映像、メックのギミックやバトルシップなど見所山盛り

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.