広大な「Kingdoms of Amalur: Reckoning」の世界は“Oblivion”のそれに匹敵する

2011年10月7日 15:04 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdoms of Amalur: Reckoning」

38 Studiosの初タイトルにしてドリームチームによる開発で注目を集めるRPGタイトル「Kingdoms of Amalur: Reckoning」、様々な要素が盛り込まれた本作はオープンワールドタイトルとしても知られていますが、プロデューサーを務めるCraig Krstolic氏がKingdoms of Amalurの広さに言及、そのサイズが“The Elder Scrolls IV: Oblivion”に匹敵する広大さであると語りました。

これは38 Studiosが海外情報サイトのGamesradarにKingdoms of Amalur: Reckoningのライブデモを行った際に明らかにされたもので、Craig Krstolic氏はゲームの世界がOblivionと比較出来るサイズだと述べ、しかしOblivionが世界の核となる大都市とその周辺地域という構成であることに対して、Kingdoms of Amalurの世界は小さな都市や町がもっと広範囲に拡がった地域を持っていると強調しました。

もちろんオープンワールドのゲームタイトルにおいてThe Elder Scrolls IV: Oblivionが最も広いという訳ではありません(参考:広さ比べ記事)が、モダンなRPGタイトルとしては十分な歯ごたえが感じられる広さには違いなく、Kingdoms of Amalur: Reckoningの仕上がりがますます楽しみになるニュースだと言えそうです。

情報元及び及びイメージ:GamesRadar

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.