「Battlefield 3」パッチに導入予定の調整リストが公開、近距離でのボルトライフル1shotキルが可能に

2011年12月10日 15:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Battlefield 3」 バトルフィールド 3

ローンチ以降、多くのアップデートによりバランス調整やバグ修正が進められているDICEの新作シューター「Battlefield 3」ですが、本日公式フォーラムにシニアゲームプレイデザイナーを務めるAlan Kertz氏がユーザーコミュニティから得たフィードバックを基に編集した今後のパッチで調整/修正予定の最新リストを公開しました。(※ 適用時期については明言されていません)

今回の調整リストには修正項目以外に、調整が目指す方向性についても言及されており、閉所戦闘が多いゲームモードでのReconクラスの有用性の無さや、BFBC2で見られたアグレッシブなリコンのプレイスタイルがBattlefield 3に存在していないことの問題点などが特筆されています。

また、ショットガンの1hitキルを考慮に入れた調整に加え、近距離戦闘においてボルトアクションライフルの弾を胸部にヒットさせた場合に1shotでキルするチャンスがあるなど、かなり大きな調整が予定されていることが明らかになりました。大量のバグ修正や調整が用意されたリストの詳細は以下からご確認下さい。

  • AEK971のリコイルを僅かに増加
  • ASVALのリコイルを僅かに増加
  • ASVALに拡張マガジンを追加
  • M249のリコイルを僅かに増加
  • SKSライフルのリコイルを減少
  • PechenegのAim時における射撃の最大精度を他のライトマシンガンと同様に調整
  • F2000のリコイルを僅かに減少させ、以前の精度ベースに戻す
  • FRAG弾を発射するセミオートマチックとオートマチックショットガンの散弾ダメージを僅かに低下
  • G3とM60、M240の近距離におけるダメージを増加
  • クレイモアがビークルから起爆可能となり、ジープや乗車しているプレイヤーをキルする為に使用可能、さらにクレイモアがヘビービークルにダメージを与えないよう変更
  • C4とクレイモアのスポット時間を30秒から15秒に減少
  • Radio Beacon、Mortar、Mav、EOD bot、T-UGS、SOFLAMの配備をより容易に変更
  • C4はリスポーン後の起爆不能に、ただしプレイヤーが5秒以内に復活した場合にはこれまで通り起爆可能
  • 6を超える地雷を設置する場合、前の地雷は世界から取り除かれる
  • プレイヤーが死んだ場合クレイモアは残存する、これによりプレイヤーは2つのクレイモアを設置可能に
  • 9x39mm弾がスナイパーのヘッドショットボーナスを得ないよう変更
  • 9x39mm弾のダメージを増加
  • AKS74uの最大レンジ時におけるダメージを修正、これは他のカービンに比べ不正確にダメージが高かった
  • .357と.44マグナム弾の最大レンジにおけるダメージを増加
  • 全ショットガン散弾を含む全てのセミオートマチックとボルト銃器は15mの範囲で最大ダメージを与える
  • セミオートマチックスナイパーライフル、アサルトライフル、ライトマシンガン、ショットガン散弾は長距離でより正しいダメージを与える
  • IRNVを全てのレベルで矛盾の無いよう調整
  • 被ダメージ時のIRNV使用時における視界のレンダリング問題を修正
  • IRNVを使用した際のズーム時間とスコープの可視領域を全武器で同じになるよう修正(幾つかの武器が他よりも速かった)
  • 適切なレティクルを使用するためにQBU-88とL96のIRNVスコープを修正
  • 全てのショットガンにおけるフレシェット弾の拡散率を僅かに減少
  • M1014とDAO-12、S12kにおける散弾の拡散率が減少、これらの武器はUSAS12より良い命中精度に利点を持つが、870程ではない
  • セミオートマチック銃器において、プレイヤーが該当武器の能力を超えるスピードで射撃を押す場合にジャムらないよう変更、幾つかのセミオートマチック銃器はこの変更に適合させるために射撃レートを調整した
  • RPGとSMAW、40mmグレネードの歩兵にダメージを与えることが出来るダメージ半径を僅かに縮小、RPGとSMAWの携行できるロケット弾数を5から4へ減少
  • 戦車の砲弾がジェット戦闘機と攻撃ヘリ、偵察ヘリを撃破可能に
  • 距離の近い2つのターゲットをロックオンした場合の問題を修正
  • Javelinと空対地ミサイルのレーザーで指定したターゲットへのダメージが著しく増加
  • レーザーターゲット無しで発射されたJavelinミサイルの主力戦車の側面と後部に対するダメージを増加
  • 全ての武器のレーザーに補足されたターゲットに対するロック時間を僅かに縮小
  • ジェット戦闘機のレーザーに補足されたターゲットに対するロックオン距離を増加
  • リペアツールの修理速度を僅かに減少
  • 主力戦車におけるプライマリ武器が他の主力戦車に与えるダメージを増加
  • AAミサイルがビークルの代わりにパイロットを殺さないよう修正
  • AAミサイルのジェット戦闘機に対するダメージを減少
  • StingerとIGLAミサイルのジェット戦闘機、戦闘ヘリ、偵察ヘリに対するダメージを50%に調整
  • ジェット戦闘機のキャノンのダメージを僅かに減少
  • RPGとSMAWの航空機に対するダメージを増加
  • 誘導弾が元の意図通り地上のターゲットを追跡するよう修正
  • ヘリコプターのガンナーと外装に関する直接ダメージを軽減
  • ヘリコプターの射撃が適切に抑えられるよう修正
  • Mi28に搭載された銃がAH1と同じになるよう精度を修正
  • IFV用のAPFSDS弾の直接被弾ダメージを増加
  • ミニガンとヘリコプターのガンナーが駐車された車両をより速く撃破可能に
  • 車両とその他の静的な爆発性オブジェクトからの爆発力を上昇
  • 車両の爆発、或いは静的な爆発性オブジェクトの爆発により死ぬ場合、爆発を引き起こしたプレイヤーに対し正確にクレジットされるよう修正
  • より良い安定性と水平飛行の為にF35の重心とリフトエンジンを調整
  • F35の武器システムを他の航空機と一致するよう更新
  • Wake IslandのTOWランチャーを“Kornets”(9M133 Kornet)に変更、より多くのレベルポジションにAAV-7A1のスポーンポイントを移動
  • 航空機が高速でオブジェクトにぶつかった際にダメージを受けない幾つかのバグを修正
  • EODbotでスポット可能に
  • スポーン保護時間を1秒から2秒に増加、スポーンしたプレイヤーが移動するか射撃すると保護は解除される
  • スポーン保護が周囲を見回しているプレイヤーによってキャンセルされることはない
  • スプリント後のプレイヤーが再び射撃するまでの時間を僅かに増加
  • いくつかの状況でプレイヤーを故意でなく復活不能になってしまう問題を修正
情報元:EnterBF3, MP1st

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.