オンライン要素も搭載!GI誌に掲載された「The Last of Us」特集から判明した新情報まとめ

2012年2月6日 11:23 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Last of Us」

先日素晴らしいクオリティのスクリーンショットとGame Informer誌最新号のカバーアートが公開されたNaughty Dogの最新作「The Last of Us」ですが、特集記事が掲載されたGI誌の最新号が遂に発売され、オンライン要素の搭載を始めとした大量の新情報が明らかになりました。

今回はこの特集記事から判明した新情報をまとめてご紹介しますが、内容には序盤や世界背景に関するネタバレが多く含まれていますので閲覧にはご注意下さい。
























































  • ディレクターを務めるBruce Straley氏が、“ある種のオンライン要素を搭載するだろう”と発言、現在はそのアイデアを練っている段階で何も決定していないが、それは素晴らしいものになるだろうとアピール。
  • Uncharted 2のリリース以降、Naughty Dogは内外のスタジオからUnchartedエンジンのライセンスを求める多くのリクエストを受け取ったが、最終的にNaughty Dogはスタジオ外部にエンジンを提供しない決定を下した。そういった状況下でエンジンをさらに活用するには別の開発チームを動かすことが唯一の手段だった。
  • 資源が乏しい世界を舞台にした今作では主人公のJoelが銃弾の雨の中を走るような展開は無く、この世界では1発の銃弾で死が訪れる
  • Joelが敵の一人を殺した時、他の敵達は怒り、互いに危険を警告し、ある者は隠れ、ある者はJoelの側面に位置しようと試みる。Naughty Dogは今作のAIシステムを“Balance of Power”と呼んでいる
  • AIシステムは常にJoelの優位性などを考慮し動的な適合を見せる。
  • 敵が一旦優位性を失った場合にはおびえる動作なども見られる。
  • 主人公Joelの体力は自動回復では無く、ヘルスパックで回復を行うが、銃弾などと同様に資源は限られている。
  • プレイヤーはJoelを操作し、もう1人の主人公EllieはAIにより駆動されるキャラクターとなる。
  • Naughty DogはCo-opプレイを実装しないと決定した。
  • 今回行われたデモプレイではEllieがJoelの視界外で危険を警告するなど、大きな役割を果たしていた。
  • Ellieに対してプレイヤーが故意に敵を誘導し危険な目に遭わせたり、完全に無視しない限り、彼女の心配をする必要はないだろう。
  • ゲーム中にはプラットフォーマー的な要素やパズルが見られた。
  • EllieとJoelは互いにそれぞれを補うユニークな能力を持っており、前進する為には協力する必要がある。
  • 今回のデモプレイではトレーラーに見られた感染者と出くわすことは無かった。
  • 生き残った人間達の党派は多数存在しており、それぞれが独自の目的を持っている。任意の党派に役立てば、2人をサポートするかもしれない。
  • ゲームは菌の大発生から20年が経ったボストンでJoelとEllieが出会うところから始まる。
  • Ellieは孤児で、旧世界や彼女が住む軍による管理で圧制的な状況にある隔離地域の壁の向こうを見た事は無い。
  • Ellieは音楽CDや本など、過去の文化の遺物に熱中している。
  • Joelは40代後半の男性で、生き残る為に隔離地域のブラックマーケットでドラッグや武器の密輸に手を染めている。
  • 隔離地域は無数の検問所が設置されており、感染をチェックするためのボディスキャンがしばしば行われ、感染した人間は直ちに処刑される。
  • JoelはEllieが隔離地域から抜け出す為に雇われるが、その理由は不明。
  • Joelはこれに同意するが、軍によって追われることになる。
  • Joelは当初Ellieを適当に見捨てるつもりだったが、途中で死んだ友人に対してEllieを安全に護衛すると約束してしまう。
  • 2人はアメリカを西へ向けて旅する。
  • 街の荒れた店舗跡で物品を漁るスカベンジャー達との“戦闘”では以下のような展開が見られた。
    • 1人の敵を協力して倒し、2人は別々にカバー。Joelがその後侵入してきた敵を銃で倒し、別のスポットへ移動するが敵と遭遇。銃で再び切り抜けようとするが、弾倉には弾が残っていない。弾が無いことに気がついたスカベンジャーがJoelをあざ笑うが、影からEllieがレンガを手に敵の頭部を打ち付ける。
    • その後Joelは地面へと倒れた敵を殴打、別のスカベンジャーが背後から殴りかかるが、これを避け殴りつけ、再び倒れた敵を殴ろうとしたところ、敵は慈悲を請うがJoelは躊躇せずスカベンジャーの頭蓋骨を地面に叩きつけ殺害。
    • さらに多くのスカベンジャーが店舗跡に侵入するため瓦礫を乗り越えてやって来はじめていることから、JoelとEllieはこっそりと店舗の側面へと移動し脱出を試みる。
    • 移動中Joelは振り返り、スカベンジャーが先刻の格闘による死体を発見、調べ始めたことに気がつく。
    • Joelはこの敵の排除を試み、背後から忍びより首を絞める。
    • 2人は改めてこっそりとその場を立ち去ろうとするが、再び敵が死体を発見し、声を上げ仲間達に知らせる。
    • Joelはレンガを拾い上げ、彼にそれを投げつけ、呆然としている敵に向け走り込み殴打し殺害。
    • Joelは敵の所持品をチェックし少数の弾丸を入手。銃に弾を込めるが、上方に鉄パイプを手にした敵を発見する。
    • 敵は直ぐに逃走するが、Joelはこれを追跡、しかし姿は無く周辺にはJoelの呼吸と足音しか聞こえない。
    • その瞬間、隠れていた敵が背後からJoelを襲うが、Joelは振り返り敵を射殺した。
  • JoelとEllieがピックアップトラックを運転し移動している最中に起こる出来事として以下の様なシチュエーションが紹介された。
    • 2人は封鎖された狭い道路に行き着き、そこで腹を押さえた人物が走って来て彼らに助けを求める。
    • EllieはJoelに彼を助けるべきか尋ねるが、Joelは彼が自分達の物資を盗もうと考える略奪者だと言い、その場を離れようとする。
    • やはりこれは罠で、スカベンジャー達が物陰から姿を現し2人が乗るトラックを銃で狙い始める。
    • 走り去ろうとする2人のトラックはバスに追突し、店舗の店先へと突っ込む。
    • EllieはJoelはスカベンジャー達により強引に車内から引き摺り出されてしまう。
  • Naughty Dogは今作を1本のタイトルとして完結するゲームだと考えており、ストーリーはキャラクターと彼らが経験する旅に明確な終わりを持っている。(※ いわゆる続き物としての続編の可能性が無いことを示唆した)

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.