「Diablo III」のプレイヤークラス“Demon Hunter”にスポットを当てた紹介映像が公開、“Inferno”難度に関する新情報も

2012年4月3日 12:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Diablo III」

5月15日の世界ローンチが迫るBlizzardのシリーズ最新作「Diablo III」ですが、本日IGNが“Demon Hunter”の出自やスキル/戦闘にスポットを当てた新しい紹介映像を公開しました。

映像には、Diabloの勢力が引き起こした虐殺によって目の前で家族を失った女性が謎に包まれたDemon Hunterの組織に入団する様子が描かれており、弓を利用した遠距離攻撃を主軸に移動や罠スキルも併用する前作のアマゾンとアサシンのハイブリッド的な手数の多い戦闘が確認できます。

なお、その他プレイヤークラスの紹介映像も今後IGNにて順次公開されるとのこと。

最高難易度となる“Inferno”モードに関する新情報が判明

お馴染みノーマル、ヘル、ナイトメアを超え、最高レベル60に達したキャラクター専用の最高難易度として君臨する“Inferno”モードですが、先日海外のファンフォーラムにBashiokことMicah Whiple氏が登場し、来る“Inferno”に関する幾つかの新しい情報を明らかにしました。

氏によると、“Inferno”では敵モンスターのレベルが(エリアやActに依存する)リニアなものでは無く、プレイヤーの進行度によって変化するとのこと。

Infernoは最終レベルでのみプレイ可能なことから、この進行度は装備品等に依存するものと考えられ、専用装備が登場するInfernoでのプレイが想像よりも簡単な物になるのではないかとの懸念も示されていますが、Bashiok氏によると理論上最終装備となるはずのInferno装備の強さが、プレイヤーがこれまでのActで長く使用してきた装備よりも劣ると説明しており、装備の入れ替えがそう容易ではないことを示唆しています。

また、氏はInfernoに突入したプレイヤーが夥しい“死”を迎え、InfernoのAct1で何週間もの時間を過ごすことになるだろうと語っており、Inferno突入前にビルドを完成させることは重要ではないと60レベル以降がいよいよ“本番”であることを強調しています。

情報元:IGN, Shacknews

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.