PLAYISM、「Dear Esther」配信開始&第二弾キャンペーンスタート

2012年5月14日 12:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dear Esther」

海外インディーズゲームを中心に日本語ローカライズしてPCダウンロード配信するサイト『PLAYISM』で、本日5/14よりアドベンチャー作品『Dear Esther』の配信を開始します。また、本日より第二弾のキャンペーンとしてサイトのどこかに最大50%offクーポンコードが隠しています。ぜひ探してみてください。

カルト的な人気を誇るインディーズアドベンチャーゲーム Dear Esther

「Dear Esther」

本作はイギリスのブライトンに本拠地を置くthechineseroomが開発したアドベンチャーゲームです。もとはhalf-life2のMOD作品として登場し、今年2月にリメイク版が完成。今回、その日本語字幕版がPLAYISMより登場します。

作品の舞台は、ヘブリディーズ群島のどこかにある孤島。この、遠く離れた荒れ果てた島が、あなたを独創的な世界へと引き込みます。

作品はFPSゲームの要領で歩き回ることができます。島の中を歩く途中途中で、ある声が手紙の一部を読み上げていき、奇妙な物語が展開していきます。

一般的なゲームプレイは存在せず、島を歩き回りながら島の謎、自分が何者であるのか何故ここにいるのかを暴いていきます。探索の途中、島の環境やセリフの中で、物語の断片がランダムに現れます。それが、あなたをここに導いた事故のこと、島のこと、過去の住人のこと、そして呪われた歴史、彼らを悩ませた様々な悲劇や不運を知ることができます。

愛、喪失、罪悪、救済の物語を、美しい情景と、息を呑むようなサウンドトラックでお届けします。

すべてが現実のものとは思えないのなら、
すべてが妄想であるかもしれません。
電波塔の持つ意味とは。
高速道路で何が起こったのか。
島は実在するのか。
すべては想像上の産物なのか。
エスターとは誰なのか。
あなたはなぜこの島にいるのか。
答えはきっと、どこかにあります。
失われた海岸に、吹きさらしの崖に、島の洞窟の闇に埋もれています。

でももしかすると、答えなどないのかもしれません。

【受賞歴】
インディーズゲーム最大の祭典であるIndependent Games Festival 2012にて、Excellence in Visual Art部門にノミネート。

  • 開発:thechineseroom
  • Windows用ゲーム
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 配信日:2012年5月13日(金)
  • 配信価格:980円(税込み)
「Dear Esther」
「Dear Esther」
「Dear Esther」

第二弾キャンペーンは、『最大50%offクーポンコードを探せ』

「PLAYISM」

5/14~5/17まで使用できる最大50%offクーポンコードがサイトのどこかに隠されています。
ぜひ探してみてください。

※ 2012年5月17日終日までご利用いただけます。
※ 一アカウントにつき決済一度だけご利用いただけます。
※ カートに入れた全商品が対象となります。
※ 『Dear Esther』およびPay What You Want形式の作品は対象外です。

ヒントなどがPLAYISMの公式TwitterやFacebookなどで公開されるかもしれませんので、そちらもぜひご覧ください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.