来週配信予定の「Diablo III」1.02パッチと1.03以降に計画されている変更点の概要が発表

2012年5月29日 16:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Diablo III」

先ほど興味深い幾つかの統計情報をご紹介した「Diablo III」ですが、昨晩の公式サイト更新ではこれらの情報に併せて来週リリース予定の1.02パッチと、今後リリースされる1.03以降の調整に関する具体的な新情報が提示されました。

今回は多くの劇的な調整を含む新情報を整理/抜粋してご紹介します。

来週予定されている1.02パッチの概要

これまで、幾つかのHotfixによるバランス修正が加えられてきたDiablo IIIですが、Blizzardによると来週配信予定の1.02クライアントパッチはサービス面の問題修正に留まるもので、本格的なゲームのバランス調整は1.03パッチ以降に適用されるとのこと。

Hotfixにより適用された各種Nerfに対する見解

先日から段階的に適用されてきたHotfixにより“Lingering Fog”と“Boon of Protection”、“Force Armor”に判りやすい弱体化が加えられ、内外のInfernoプレイヤーから大きな注目を集めましたが、今回の更新ではこの経緯と理由についても触れられています。

強いビルドを発見するユーザー達と、ハイエンドコンテンツの消費を防ぎたいBlizzardのいたちごっこではないかとも一部で揶揄された今回の早急なNerf対応ですが、Blizzardはプレイヤーが所謂強ビルドにHotfix Nerfが常に忍び寄っていると感じて欲しくないと述べ、強力なビルドの存在がDiablo IIIの楽しみの一部であることを理解していると強調。プレイヤーがこれらの発見と利用に興奮することを望んでいると説明し、今回のNerf対応が例外だったことをアピールしました。

Blizzardは今回Hotfixでの対応が必要だと判断した前述のRuneが、60レベルキャラクター達におけるビルドの多様性を著しく欠くものだったと振り返っており、今後はHotfixの適用についても事前にフォーラムへの通達を行うよう改善すると約束しています。

来る1.03パッチにおけるダメージ調整の概要

1.03以降のアップデートにて本格的なバランス調整を開始すると語ったBlizzardは、現在のInfernoにおける被ダメージ量に想定よりも強力に感じられる(※ 1ヒットでの死など)状況が存在する述べており、この辺りのダメージ調整が1.03パッチにおける一つの大きな変更点になると説明しています。

今の所、この調整に関する指標は明らかにされていませんが、単なる軽減や増加といった調整では無く、Blizzardは各クラスにおけるビルドの多様性を支援し促進することが調整のゴールだと語っており、ChampionやRare群、ボス戦がDiablo IIIにおける良いアイテムを取得するための最も効率的な方法であることを守ると明言(※ レベル60キャラクターに適用されるトレハン用Buff“Nephalem Valor”のスタック効果もこれらをボトムアップさせる)。そして、全クラスがInfernoを十分にプレイ可能であることを保証すると語りました。

1.03パッチに60+アイテムの内部レベルを示す“ilvl”が導入

また、新たな要素としてレベル60を超えるアイテムの内部レベルを示す“ilvl”の導入も判明、これによりBlizzardが早急な解決が必要だと問題視している高レベルのマジック(青)アイテムと、下位レベルのLegendaryの差(※ この場合だとしばしば下位Legendaryが選択される)を軽減するとのことで、今後ilvl63の青アイテムとilvl60Legendaryの比較検討がより意味を持つ様になると説明しています。

1.03パッチにはBlacksmithとJewelerにも有用な変更が

また、Blizzardは装備品作成と宝石の合成を担うArtisan向けの変更も用意しており、全体的なコスト調整によりBlacksmithとJewelerの利用が60レベルプレイヤーの装備強化における十分な代替案として機能することを目指すと明らかにしました。

具体的には1~59レベルのアイテムを作成するためのBlacksmithトレーニングに必要なコスト(※ ゴールドとページ類)調整と、Flawless Square級までの宝石の合成コストをこれまでの3個から2個に縮小させる予定とのこと。

Blacksmithのトレーニングコストに関する詳細は明らかにされていませんが、宝石の調整はかなり大きいことから、急ぎの合成と訓練以外の予算は来週の1.03パッチ適用まで温存しておいた方がよいのではないでしょうか。

PvP要素が実装される1.1パッチ以降にはLegendaryの接辞拡張を視野に入れた強化計画も

前述した1.03向けの調整概要ではアイテムレベル(ilvl)による有用性のギャップを埋める方向性が示されましたが、Blizzardが今後長期的にLegendaryアイテムの拡張を計画していることも記されており、PvP機能が実装される1.1パッチ以降に新しいLegendaryアイテムの強化を行う予定があると明らかにしました。

この強化はLegendary固有の能力とaffix(接辞)の拡張を視野に入れたもので、1.1パッチ以前のLegendaryには適用されず、パッチ以降に登場する新Legendaryアイテムが対象になるとのこと。

情報元:Battle.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.