E3会場でロン・ギルバートの新作「The Cave」のライブデモが実演、プレビュー映像と幾つかの新情報が登場

2012年6月14日 16:49 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Cave」

1987年にリリースされたルーカスフィルム(※ 現在のルーカスアーツ)の名作アドベンチャー“Maniac Mansion”と共に、その後登場するルーカスアーツ作品の礎を築いたSCUMMエンジンのスクリプト言語を開発し、初期Monkey Islandシリーズにも貢献したロン・ギルバートがManiac Mansion登場前夜からアイデアを温めてきた新作アドベンチャー「The Cave」の正式発表が先月遂に行われました。

現世代のアドベンチャーに相応しい表現やゲームシステムを手に入れたThe Caveですが、一癖も二癖もある奇妙な登場人物達の顔ぶれはManiac Mansionの遺伝子をはっきりと示しており、Double Fineの新作としても非常に期待値の高いタイトルとして注目を集めています。

前置きが長くなりましたが、そんなThe CaveのライブデモがE3会場で行われ、幾つかの新情報とプレビュー映像が登場しました。今回はこの映像と共に、新たに判明した新情報をまとめてご紹介します。なお、今回の新情報は前回ご紹介した紹介記事をベースにしていますので、本作に興味のある方は一度前回の概要を確認した上での閲覧をお勧めします。

Game Informerが本日公開したプレビュー映像
  • 発表時にはローカルの2人Co-opが可能と報じられたが、E3デモでは3人のプレイヤーによるCo-opプレイが可能だと伝えられた
  • それぞれのキャラクターが固有の能力を持っていることから、問題の解決に様々なアプローチが可能だが、今回のデモンストレーションではドラゴンの宝を得るために“守護天使”の能力を使用した騎士と、背後からこっそりと忍び込んで宝を盗んだ科学者が象徴的だった
  • 騎士はあるミッションで究極の力を宿した剣を探していた
  • 発表時にはプレイアブルキャラクターの1人“田舎物”が究極の愛を探していることが報じられたが、新たに数人の目的が判明した
  • 科学者はブレークスルーとなる新しい化学的な発見を目指している
  • 僧侶は悟りを求めている
  • 最初はレバーでドアを開ける程度のパズルが提示されていたが、やや複雑になり始めた頃には“水がたまったバケツ”や“クレーン”、“氷の息を吐く獰猛なクリスタルの野獣”、“巨大なホットドッグ”といったオブジェクトを始め、キャラクター間の協力が必要となった

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.