コナーの出自を描く小説「Assassin's Creed: Forsaken」が12月に発売、Vita向け新作“Liberation”に関する新情報も

2012年7月19日 10:32 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Assassin’s Creed III」

現在Ubisoftのモントリオールスタジオが中心に開発を進めている人気シリーズ最新作“Assassin’s Creed III”の主人公を務めるConnor Kenwayがどのような経緯でアサシンとなったのか、その出自と原点を描く新しい小説「Assassin’s Creed: Forsaken」が12月4日に発売されることが明らかになりました。

“Assassin’s Creed: Forsaken”は、Renaissanceを始めとする4冊のAssassin’s Creed小説を執筆してきた作家Oliver Bowden(※ パリ在住のイギリス人作家Anton Gillのペンネーム)が手掛けており、価格は9.99ドルとなっています。

「Assassin’s Creed III」

PS Vita向けのスピンオフ新作「Assassin’s Creed III: Liberation」はアブスターゴ社傘下のデベロッパ“Abstergo Entertainment”が開発を担当

「Assassin's Creed III: Liberation」

先日、Game Informer誌7月号に掲載された情報から、アブスターゴ社の“テンプル騎士団のプロパガンダを目的にした製品”という設定で開発が進められているとの未確認情報が報じられていたPS Vita向けのスピンオフ新作「Assassin’s Creed III: Liberation」ですが、昨晩本作のライターを務めるRichard Farrese氏がこの背景に言及、Liberationがアブスターゴ社のプロダクトとして開発が進められていることが明言されました。

これはRichard Farrese氏が海外Kotakuのインタビューに応じ明かしたもので、氏は本作の(実際の)開発をブルガリアのUbisoft Sofia(※ Julian Gollop氏の新作Ghost Recon: Shadow Warsを手掛けた)がモントリオールACチームの監督下で進めていることを前置きした上で、設定上のデベロッパがお馴染みアブスターゴ社の関連デベロッパである“Abstergo Entertainment”であることを明言、この作品が“Animus”を商業化した製品だと説明しました。

さらに、氏は初の女性アサシン“Aveline”が主人公となる“Assassin’s Creed III: Liberation”が、18世紀のニューオーリンズ周辺を舞台にした作品で、Avelineがスペインの統治に対立する地元フランス系のレジスタンスを支援するアサシンであることに加え、彼女がデズモンドの祖先ではないことを明らかにしています。(※ 現代サイドの主要なキャラクターの血統と繋がりがない初の主人公となる)

という事で、アブスターゴ社のプロパガンダ製品というコンセプトが確認されたLiberationが一体どのような結末を迎えるのか、Assassin’s Creed III本編との関係も含め、今後の展開が気になるスピンオフだと言えそうです。

「Assassin's Creed III: Liberation」
「Assassin's Creed III: Liberation」
「Assassin's Creed III: Liberation」
「Assassin's Creed III: Liberation」
情報元及びイメージ:CinemaBlend, VG247, VG247, GameInformer, PSX-Sense.nl

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.